ドラマ&映画 カテゴリ

田中圭、長野五輪男子スキージャンプを支えた男役で映画主演「K点越えを目指します」

 1998年、長野冬季五輪のラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得した岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜の4選手を裏で支えたテストジャンパーにスポットを当てた実話が『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』のタイトルで映画化されることが、決定した。主演を務めるのは、俳優・田中圭。94年リレハンメル大会のスキージャンプ団体で日本代表をけん引するも銀メダルに終わり、長野五輪では代表落選を味わった西方仁也氏を演じる。公開は2020年6月。

 物語は、西方の金メダルへの強い思いから挫折、リレハンメルでジャンプを失敗して金メダルを逃した原田との友情、そして怒りや嫉妬…。それでも、仲間のため、日本のために命の危険を顧みずテストジャンプに挑む人間ドラマが描かれる。さらに長野での団体戦の攻防、吹雪による競技中断もあり、競技が再開できるかを図るために行われた西方氏率いる25人のテストジャンパーの決死のジャンプが事実に基づいて映像化されるオリジナルストーリー。

 金メダル獲得後、原田がインタビューで「俺じゃないよ。みんななんだ。みんな」と語ったのは、代表選手だけでなく、裏方で支えた西方氏やテストジャンパーに向けられた言葉だった。4人の代表選手と25人のテストジャンパーに加え、彼らを支える家族や関係者たちの思いと絆も盛り込まれている。

 撮影は来年1月から2月にかけて、長野五輪のスキージャンプが行われた長野県白馬村などで行われる。田中は「冬は寒いので苦手なのですが、この作品のおかげでワクワクしています。雪山も楽しみです」と撮影を心待ちにしており「みなさんが知っている話の中に、みなさんが知らない人間ドラマがたくさんありました。力をもらえる脚本ですし、撮影が楽しみです。スタッフ・キャスト全員で一丸となって、映画のK点越えを目指していきたいと思います!」とコメントを寄せた。

 メガホンをとるのは、『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズや『虹色デイズ』(18年)などがある飯塚健監督。「オリンピックに関する映画をつくれること、たいへん光栄に思います。現場ではお会いしたことがなかった田中圭さんとようやくご一緒できることも、本当に楽しみです。初のセッション、ご期待ください」と、田中とのタッグを喜んでいる。

 西方氏は「田中さんと言えば、ドラマ、映画、CMと大活躍されておりテレビで見ない日はありません。コメディでもシリアスでも、そして善人役、悪役でもすべての役をご自身のものにされる、素晴らしい演技のできる俳優の方だと思います」と期待を込める。「スキージャンプをしていたおかげで今の自分があると思っております。田中さんにもこの作品を通してスポーツ選手たちのつらさやうれしさ、優しさ、悲しさなどを伝えていただきたいと思います」と話している。

■長野五輪ラージヒル団体競技・決勝
2月11日、個人ノーマルヒルで船木が銀メダル、15日の個人ラージヒルで金メダル、原田が銀メダルを獲得。17日に行われた団体戦は、日本は1本目を4位で終える。2本目の船木のジャンプ後、吹雪がより強まり競技が中断。中止となると1本目の成績で順位が決まってしまう。審判員の判断で、25人のテストジャンパーが全員無事に飛べたら競技を続行することになり、彼らが飛びきったことで競技続行が決定。2本目は岡部が137メートルの大ジャンプ、斎藤も124メートルで続くと、原田も137メートルのジャンプを決める。最後の船木は125メートルを記録し、リレハンメルの雪辱を果たし、初の金メダルを獲得した。

関連写真

  • 映画『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』で主演を務める田中圭(左)と現役時代の西方仁也氏(C)YOSHITOMO TAKASHIMA/『毎日新聞社提供』
  • 長野オリンピックでのテストジャンパー集合写真
  • リレハンメル五輪で銀メダル受賞時の集合写真 『毎日新聞社提供』

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索