ドラマ&映画 カテゴリ

葉山奨之、月9でパワハラ受ける青年役 若村麻由美&永井大もゲスト出演

 俳優・ディーン・フジオカが主演する11月4日放送のフジテレビ系月9ドラマ『シャーロック』第5話のゲストとして葉山奨之若村麻由美永井大が出演することがわかった。葉山は上司にパワハラを受け疾走してしまう青年・乾貴之を演じ、若村はそんな彼を精一杯愛情を注ぎ育ててきた母・千沙子、そして永井は乾にパワハラを働く町田卓夫を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、犯罪捜査専門コンサルタントの誉獅子雄(ディーン)と、元精神科医の若宮潤一(岩田剛典)がバディを組んで数々の難事件を解決していくミステリーエンターテインメント。数年前、貴之が大手ゼネコンに内定した際は心から喜び、貴之の設計士になりたいという夢を全力で応援していた千沙子。しかし最近では、会社の人間関係で悩んでいる貴之を見ては心を痛めていた。どうやらパワハラを受けているようだ。そして息子に関心を持たない夫・貴久(たかひさ/小市慢太郎)のことも気に入らない。そんな矢先、貴之が行方不明になってしまう。  

 町田は過去にも何度か職場で部下にパワハラをしていたものの、政治家の息子だということで見過ごされていた。そして貴之を心身ともに追い込んでいたのだが、ある日貴之が失踪、さらに町田の自宅で大量の血痕が見つかる。貴之の身にいったい何が起こったのか?町田ははたして事件に関係しているのだろうか?獅子雄&若宮はこの事件をどのように解決していくのか…。

 葉山は「現代社会で問題視されているパワハラという題材をドラマで扱うことは挑戦だな、という印象を持ちました。そしてパワハラを受ける側として自分が演じることは、すごく責任を感じましたし、貴之という役がこういう思いをしている方々の代弁者になればいいなと思いました」と背筋を伸ばす。

 演じる上では「家族に見せる顔と、仕事でのパワハラを受けている時の顔との“めりはり”に注意して演じました。母親に接する時は、会社で起こっていることをなるべく見せないように、会社のことを引きずらないように特に意識しました」という、劇中でみせる二つの顔にも注目。「このドラマを見ている人がパワハラをどうとらえるか、人それぞれだとは思いますが、現実でもこういうことがあるのではないかと思うので、考えるきっかけになってくれればと思います」と呼びかけている。

関連写真

  • 『シャーロック』第5話に出演する葉山奨之(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する(左から)永井大、葉山奨之(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する若村麻由美(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する葉山奨之(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する永井大(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する永井大(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する若村麻由美(C)フジテレビ
  • 『シャーロック』第5話に出演する若村麻由美(C)フジテレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索