ドラマ&映画 カテゴリ

【いだてん】仲野太賀、2人の主役と落語パート、すべてをつなげるキーパーソンを演じて

NHKで放送中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、第25回(6月30日放送)から描いてきた第2部、激動の昭和史が第38回(10月6日放送)の1940年東京オリンピックの返上と学徒出陣をもってピークを迎えた。そこでキーパーソンだったのは、仲野太賀演じるマラソン選手・小松勝だった。

小松は、ドラマオリジナルの架空の人物で、第32回より登場。金栗四三(中村勘九郎)の著書『ランニング』に感銘を受け、九州一周の途中、四三を訪ねて池部家に立...

この記事の画像

  • 大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』第39回より。満州にて。慰問興行中の孝蔵(森山未來)と圓生(中村七之助)を訪ねてきた小松勝(仲野太賀)(C)NHK
  • 大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』第39回より。満州にて。慰問興行中の孝蔵(森山未來)と圓生(中村七之助)を訪ねてきた小松勝(仲野太賀)(C)NHK
  • 戦況の悪化後に再会した孝蔵(森山未來)と圓生(中村七之助)と小松勝(仲野太賀)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索