ドラマ&映画 カテゴリ

小栗旬×藤原竜也がゼロ距離に 映画『人間失格』本編映像解禁

俳優・小栗旬が作家・太宰治を演じる映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(13日公開)から、藤原竜也演じる坂口安吾がゼロ距離で「も〜っと堕ちろよ」と太宰を煽る本編映像が9日、解禁になった。

 『走れメロス』『津軽』など数々の有名作品を世に出した太宰が死の直前に発表し、遺作となった『人間失格』は累計1200万部以上を売り上げ、今もなお歴代ベストセラーランキングのトップを争う人気書籍。写真家としても著名な蜷川実花氏がメガホンを取り、原作小説の映画化ではなく、『人間失格』の誕生秘話を太宰と彼を愛した3人の女性たちの目線で、事実をもとにしたフィクションとして描く。

 太宰を愛する女性たちは、正妻・津島美知子を宮沢りえ、『斜陽』の材料を提供したことでも知られ、太宰との間に子どももできた愛人・太田静子を沢尻エリカ、太宰の最後の愛人で、共に玉川上水へ入水自殺をした山崎富栄を二階堂ふみが演じる。

 坂口安吾は、戦後直後に発表した『堕落論』や『白痴』で、時代の寵児となると、太宰とともに無頼派を代表する作家となる。本編映像では、「やだね〜。女房だの子どもだの、壊れちゃ困るもんなんて、作家は持っちゃいけねえんだよ」と太宰に詰め寄る安吾のシーンでスタート。さらに接近する2人だが、安吾は「人間は堕ちる。生きているから堕ちる。なあ、太宰。も〜っと堕ちろよ」とささやくと、酔っ払っている安吾は、その場で椅子から落ちてしまう場面となっている。

 藤原は「実際に太宰と安吾が通っていたバー“ルパン”での撮影はまるでタイムスリップしたようにすごく素敵な空間で、大変貴重な経験をさせていただきました」と撮影を振り返っている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索