ドラマ&映画 カテゴリ

吉岡里帆が“23歳”高杉真宙を高校生と勘違い「年齢すらコントロールできる力はスゴい」

 女優の吉岡里帆(26)、俳優の高杉真宙(23)が5日、都内で行われた映画『見えない目撃者』(9月20日公開)のティーン女子限定特別試写会に参加。吉岡は高杉をリアルに高校生と勘違いしていたことを告白した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は視力を失った元女性警察官が、女子高生連続殺人事件の犯人に迫る本格スリラー。吉岡は警察官として将来を有望視されながらも、自らの過失による事故で視力と弟を失ってしまった主人公の浜中なつめを、高杉はなつめの“目”となって犯人を追うスケボー少年の高校生・国崎春馬を演じている。

 R15指定ながらティーン限定の上映会とあって、10代の質問コーナーが行われた。互いの尊敬するところという内容で高杉は「お会いした中で1番、ストイック。大変な役の中で、いろんな人に気を使う。それがあったから座長の吉岡さんについていこうと思えた」と評した。

 対する吉岡は「1番は空気感」とする。「佇まいは、どう見ても高校生。私は高杉さんのことを高校生だと思っていて……。現場でも、ずっと…」と正直に告白。制服姿があまりに似合っていたことも一因で「『学校帰りに撮影に来て大変だな。エラいな〜』と思っていた。実際に10代の子と会って、尊敬するところを見つけることも多くて。現場で年齢を聞いて、その醸し出せる力、作品の中で年齢すらコントロールできる力は役者さんとしてスゴい」と最大限に称える。高杉は「ありがとうございます」と照れながら感謝した。

 また、どんな高校生だったかという疑問に吉岡は「8人グループで仲が良かった。いつも大人数で行動していた。ずーっと一緒にいて青春だったなぁと思います。トイレも一緒に行く。今、思うと女子高生ならではの文化だったな」と回想。ただ、会場の女子高生は否定派が多く「少ない…。すごくショック…」とカルチャーショックを受けていた。

 「オトナになるとは?」と問われると「勉強もバイトも夢も遊びも全部、友達と一緒だったのが、基本的に1人でできるようになったとき『オトナになったな』と感じました」と明かした。一方、高杉は「23歳は成人してるけど、自分の中で理想の23歳になっていない。理想に追いついた瞬間にオトナになれる気がする。今の理想は40歳なので、僕は40歳まではオトナになれない」と話し、笑わせた。

 そして、吉岡は“修学旅行”の思い出も「シンガポール、マレーシアが修学旅行先だった。前日にパスポートをなくして行けなかった…。今だに高校時代の友人にはイジられる…」とぽつり。愛のあるイジりと認識しているが「あそこでなくすのは、ホントになかった…。思い出は今しか作れないものがある」と悔しげな表情をしていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した(左から)吉岡里帆、高杉真宙 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した高杉真宙 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した(左から)吉岡里帆、高杉真宙 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した高杉真宙 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 色気溢れる背中の開いた衣装で登場した吉岡里帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した(左から)吉岡里帆、高杉真宙  (C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
  • 映画『見えない目撃者』ティーン女子限定特別試写会に参加した(左から)高杉真宙 、吉岡里帆 (C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索