ドラマ&映画 カテゴリ

ディーンが月9撮入 自身なりの“シャーロック像”に手応え「記憶に残るようないい思い出を」

 俳優のディーン・フジオカの主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『シャーロック』(10月7日スタート)が先日、都内某所にてクランクインを迎えた。主人公であり、原作上の“シャーロック”に該当する誉獅子雄(ほまれ・ししお)を演じるディーンはキャラクター創造について「きょう、いろいろと試すことができたので、監督とコミュニケーションを密に取りながら、より輪郭がはっきりとした“シャーロック” 像を作っていけたらいいなと思います」と、確かな手応えをみせた。

【写真】その他の写真を見る


 ディーンはこの日、謎の死を遂げた消化器内科医師の過去をひもとくため、犯罪捜査の専門コンサルタントである獅子雄が被害者の大学時代の教授を訪ねるシーンから撮影をスタート。木曜劇場『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐−』(2018年4月期)でもタッグを組んだ西谷弘監督と綿密にすり合わせながら、ディーンならではの“シャーロック”像を丁寧に探っていく。

 西谷組についてディーンは「同窓会みたいな感じですね。この現場の居心地の良さを今回初めてご一緒する方にも浸透させていけたらと思います。長いようで短い1クール、記憶に残るようないい思い出をみんなで一緒に作れたらいいなと思っています」とスタッフ・キャスト一丸となって取り組む姿勢をみせた。

 今後バディを組むことになる、原作上“ジョン・ワトソン”にあたるキャラクター、若宮潤一(わかみや・じゅんいち)を演じる岩田剛典との共演も近々に控え、「岩ちゃんとは次の撮影現場で初共演になります。リハーサルでいろいろトライしてきたので、間の感じやタイミングは分かってきています。現場でいかに遊んで、一緒に楽しんでいけたらと」と期待に胸をふくらませていた。

関連写真

  • フジテレビ新ドラマ『シャーロック』ディーン・フジオカがクランクイン(C)フジテレビ
  • フジテレビ新ドラマ『シャーロック』ディーン・フジオカがクランクイン(C)フジテレビ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索