ドラマ&映画 カテゴリ

渡辺謙主演『刑事一代』「昭和の風情を探してあちこちロケへ」

 2009年に2夜連続放送された、渡辺謙主演『刑事一代〜平塚八兵衛の昭和事件史〜』が11日(後9:00〜11:05)にテレビ朝日系で放送される。1夜分に再編集し、実在した刑事の濃密な半生をギュッと凝縮。“捜査の神様”とまでうたわれた実在の名刑事・平塚八兵衛を熱演した渡辺が、コメントを寄せた。

■渡辺謙のコメント
 とても好きな作品を再編集で放送していただけること、とてもうれしく思っています。八兵衛さんは、とても魅力的な人物で方言も含めとてもやりがいのある役でした。昭和の風情を探してあちこちロケにうかがいました。萩原聖人くんとの取り調べ室は、出来るだけ集中力を高めるため、数日スタジオの近くに宿を取り臨みました。石橋監督とも喧々諤々楽しい撮影が続きました。ぜひご覧ください。

■ドラマ『刑事一代』について

 石橋冠監督を筆頭に、ビートたけし主演で高評価を得た『点と線』(07年)のスタッフが再集結し、当時、すでにハリウッドでも活躍していた渡辺を主演に迎えて制作された。”執念の刑事”が視聴者の心をとらえ、高視聴率(第1夜19.4%、第2夜21.6%)をマーク(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。さらに『ギャラクシー賞2009年6月度月間賞』を受賞するなど、高い評価を得た。

 渡辺が演じる八兵衛は、「帝銀事件」「下山事件」「吉展ちゃん事件」「三億円事件」など、戦後の大事件を担当したすご腕刑事。今作では特に、戦後最大の誘拐事件と言われた「吉展ちゃん事件」を中心に描く。捜査の打ち切りが決まったにも関わらず、上司の命令に背いて取調べを続けた八兵衛が、10日間の期日ギリギリで犯人を自白に追い込む…スリリングな展開に注目だ。

 渡辺謙のほか、八兵衛の同僚・石崎隆二役の高橋克実、「吉展ちゃん事件」の容疑者・小原保役の萩原聖人、新聞記者・岩瀬厚一郎役の小泉孝太郎、新米カメラマン・吉崎真由役の相武紗季らが出演。

 特に、渡辺も言及していた「吉展ちゃん事件」の容疑者小原を演じる萩原と対峙する取調室のシーンは見逃せない。10日間で自供を引き出さなければならず焦る八兵衛、一方の小原はのらりくらりと追及をかわし続ける…という、閉塞的な取調室に充満する、息が詰まるほどの緊張感。その中で、渡辺と萩原という二人の名優が渾身の演技バトルを繰り広げる。

関連写真

  • 8月11日放送、『刑事一代〜平塚八兵衛の昭和事件史〜』主演の渡辺謙(C)テレビ朝日
  • 昭和の風情を感じさせるロケ地、映像にも注目(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる