『関ジャム』実はスゴイ「知ってるようで知らない」楽器特集 マイナーゆえの苦労も

 関ジャニ∞がレギュラー出演するテレビ朝日系音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:10〜深0:05)の28日放送回では、「知ってるようで知らない…実はスゴイ楽器」を特集する。

 これまでにもあまり知られていない楽器を取り上げてきた同番組は今回、クラシック音楽などではおなじみの木管楽器「ファゴット」、インドの打楽器「タブラ」、東洋のバイオリンと呼ばれる中国の伝統的な弦楽器「ニ胡」、出せる音は15音のみというアルプス地方発祥の管楽器「アルプホルン」を紹介。

 それぞれのプロとして、ファゴット奏者・石川晃、タブラ奏者・U-zhaan(ユザーン)、ニ胡奏者・KiRiKo、アルプホルン奏者・森泰が貴重な実演も交えながら、知られざる各楽器の魅力やマイナー楽器ゆえの苦労を語る。

 トークゲストは山崎弘也アンタッチャブル)と川田裕美。進行は弘中綾香アナウンサー。

オリコントピックス

メニューを閉じる