• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 加藤浩次、大崎洋会長と「話しする」 会見の“ウソ”を指摘「まだ、ごまかそうとしている」

加藤浩次、大崎洋会長と「話しする」 会見の“ウソ”を指摘「まだ、ごまかそうとしている」

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50)が23日、MCを務める日本テレビ系『スッキリ』(月〜金 前8:00)に生出演。吉本興業所属の芸人らが振り込め詐欺グループの宴会に出席して金銭を受け取るなどした「闇営業」問題を巡り、岡本昭彦社長(53)が22日、都内で会見を行ったを受け、大崎洋会長(65)と「きょう夕方から話し合う」と明かし、前日の番組で「取締役がかわらなかったら会社辞める」という意向についても「その旨伝える。(進退は)それからかな」とした。

 番組冒頭、会見について加藤は「なんでこんなグダグダなんだ」といい「会見が2時間半経ったくらいですかね。こういった笑いもあるんだ。あのパターンの笑いを僕は観たことがない。ちょっとびっくりしましたね」と、あきれた表情。「あとで聞いておきますという発言もありましたし、ちょっと考えますといいました。会見で後で聞いておきますというのは、ないですよね。ちょっとびっくりしています」と驚いていた。

 また、会見で、雨上がり決死隊宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らと話し合った場面を22日の記者会見で説明する際に、岡本社長が取材陣の質問に対して答えきれず、藤原寛副社長(50)が詳細について代弁した場面に疑問を呈し、加藤は「きのう亮と話したけど、あの場に藤原さんはいなかったらしいよ」と指摘。その上で「まだ、ごまかそうとしている。ウソをついている」とも明かした。

 そのほかにも、宮迫が告発した「お前ら(録音のため)テープ回していないやろな」という圧力について岡本社長が「冗談で言った」と説明したことについても「宮迫も亮も冗談を笑いにするプロ。冗談のプロが、素人(岡本社長)が言う冗談が通じないってことはありませんよ」と持論を展開。「宮迫が恫喝だと感じたら、これは恫喝だろって」とも話した。

 加藤はきのうの同番組で、顔を真っ赤にし、怒りの表情で所属事務所・吉本の体制を批判。「大崎(会長)さんと岡本(社長)さんを怖がっている状況がずっと続いてきた」と告白し「これからもそれが続くと思ったら、僕はこの会社にいられない。この体制が、今の社長、会長の体制が続くんだったら、僕は吉本興業を辞める」と声を荒らげた。

 なお、きのうの会見で岡本社長は加藤について「ミーティングの場を設定させてもらっている」と明かした。番組での発言を受けて設定されたもので、日時は明かさなかったが「会見を終わって以降で」と説明。「まずはきちんと話をして(事務所に)残っていただけることから始めていく。直接本人と話をしてから」とした。加藤の「(会長の)大崎さんと、岡本さんを怖がってる状況が続いてきた」という告白には「全員が『しゃべりやすい』というところまで、いかないかもしれない。私の力不足です」とした。

オリコントピックス

 を検索