• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 松たか子&神田沙也加、『アナと雪の女王2』日本版キャスト続投

松たか子&神田沙也加、『アナと雪の女王2』日本版キャスト続投

 興行収入約255億円の大ヒットを記録したディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』(2014年)の続編、『アナと雪の女王2』(11月22日公開)の日本語吹替キャストで、女優の松たか子神田沙也加が、前作に続きエルサ役とアナ役で続投することが、発表された。「Let It Go〜ありのままで〜」から5年。日本で史上最も愛されたディズニー作品の名コンビが帰ってくる。

 前作の『アナ雪』は、日本の歴代興収3位を記録したほか、観客動員数約2000万人と驚異的な数字をのこし、90年以上続くディズニー作品のトップに君臨している。“ありのままで”は14年の流行語大賞にも選ばれた。

 ありのままの自分を受け入れ、氷と雪を操る力を持つ姉エルサ、そして持ち前の明るいキャラクターの妹アナ。お互いを想い合い、最後には心を通わせ強い絆で結ばれ多くの人が涙した二人のヒロイン。今作では、なぜエルサに力が与えられたのか。大事な仲間となったクリストフとオラフと共に歩む先で、エルサの“魔法の力”の秘密を解き明かす冒険が描かれる。

 声優続投が決まった松は「再びエルサに出会える喜びと、どんなストーリーが待っているのかというドキドキでいっぱいです」と期待を込め「また新しい世界での旅を、ぜひご一緒に」とファンにコメント。神田は「とても光栄」と喜び「大人の女性らしさが増したアナとエルサの姉妹の絆、ドラマティックな歌にもご注目してご覧いただきたいです」と見どころをあげた。さらに「前作を、音楽も共にたくさん愛していただけたことが本当にうれしかったので、みなさまに感謝の気持ちを込めて、力を尽くしてまいります」と意気込んでいる。

 また、キャスト発表にあわせて、6月18日に解禁された日本版特報映像にふたりの声が入った吹替版特報も公開になった。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス