• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 中居正広、侍ジャパン公認サポートキャプテン就任「東京ドームでの優勝を」

中居正広、侍ジャパン公認サポートキャプテン就任「東京ドームでの優勝を」

 タレントの中居正広がTBSとテレビ朝日で共同放送される『世界野球プレミア12』第2回大会(11月2日〜17日)で野球日本代表『侍ジャパン公認サポートキャプテン』に就任。前回大会に続いて2回目、WBC(ワールドベースボールクラシック)を含めると通算4回目の起用となる。中居は侍ジャパンのメンバーへの取材をはじめ、本大会では球場に入り、サポートキャプテンとして熱戦の模様を余すところなく伝える役目を背負う。

 WBSC(World Baseball Softball Confederation:世界野球ソフトボール連盟)世界ランキング上位、12の国と地域が参加、4年に1度開催される野球の国際大会。今回は2020年の東京オリンピック予選も兼ねた重要な大会となり、4チームずつ、3グループに分かれて総当たり戦を行うオープニングラウンドは、グアダラハラ(メキシコ)、台中・桃園(台湾)、ソウル(韓国)で開催される。各グループ上位2チームが進出するスーパーラウンドは東京で開催され、2019年の野球世界一が決定する。

 2015年の第1回大会では、準決勝で韓国に敗れ3位に終わった『侍ジャパン』。今回は稲葉篤紀監督が率いる新体制で、東京オリンピックでの金メダル獲得へ弾みをつけるべく『世界野球プレミア12』での初優勝を目指す。中居も「侍ジャパンは東京で優勝したことがなく、WBCでの過去2回の優勝はアメリカだったので、今回は東京ドームでの優勝を見たいです」と強い期待を寄せている。

■中居正広(侍ジャパン公認サポートキャプテン)コメント
「WBC、オリンピック、『世界野球プレミア12』を少しでも多くの皆様に見てもらいたいですね。野球人口がもっと増えてほしいですし、僕自身が子どものころから野球をずっと見てきて学ぶことが多かったので。若い方や女性の方にも見て欲しいし、球場にも来て欲しいと思います。
野球は四番を打つ選手もいれば、二番を打つ選手も必要。投手も先発だけでなく中継ぎも必要だとか、華やかな選手だけが活躍する競技ではありません。そういうところが野球の魅力だと思っています。侍ジャパンは東京で優勝したことがなく、WBCでの過去2回の優勝はアメリカだったので、今回は東京ドームでの優勝を見たいです。」

■稲葉篤紀(侍ジャパン監督)コメント
「中居さんが発信することによって野球を知らない方でも見てくれる。これはすごく有難いですね。
スーパーラウンドは自国開催で国民の皆さんの期待も大きいでしょうし、そういうプレッシャーの中でやれるのも非常に幸せなことです。
もちろん優勝が第一の目標。オリンピック予選もかねているので、オリンピックの前哨戦として真剣にくると思う。そこで強さを見せたい。
金メダルを獲って皆さんにスポーツの良さを、野球の良さをお伝えできればと思います。」

オリコントピックス