• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • おかずクラブ・ゆいP、劇場版『おっさんずラブ』の最終追加キャスト オカリナは“好きすぎ”で出演辞退

おかずクラブ・ゆいP、劇場版『おっさんずラブ』の最終追加キャスト オカリナは“好きすぎ”で出演辞退

 俳優・田中圭が主演して人気を集めたドラマ『おっさんずラブ』の『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』(8月23日公開)の最終追加キャストとして、お笑いコンビ・おかずクラブゆいPが出演することが、9日発表になった。相方のオカリナは「好きすぎるので出演できません」とファンすぎることからオファーを辞退し「相方が出演しているのは信頼している親戚が出てるような感覚で、自分が大好きなものに間接的に関われた気がして凄くうれしかった」とゆいPへエールを送った。

 ドラマ版は、結婚願望はあるが全くモテず、実家暮らしの33歳ポンコツサラリーマン・春田創一(田中)が、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とエリート後輩・牧凌太(林遣都)から同じタイミングで壁ドン告白をされる。さまざまなハードルを乗り越え、最後は黒澤との結婚式を飛び出し、牧にプロポーズして結ばれるエンディングを迎えた。

 映画版では、陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)が天空不動産第二営業部に加わるも、本社で新たに発足したチーム「Genius7」のメンバーが突如として現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、春田たちに立ち去るよう言い放つ。そのチームには、本社に異動した牧の姿もあり、何も知らされていなかった春田を尻目に、牧は狸穴とともに去って行った。動揺する春田を元気づけるジャスティス。さらには終わったはずの黒澤の恋心にも再び火が付き、前代未聞のおっさんたちによる五角関係のラブ・バトルロワイヤルが描かれる。

 ゆいPが演じるのは、天空不動産会長のご令嬢。「もともとは相方が出るはずだったのですが、まさかの代打で参加させていただきました」とし、撮影日までプレッシャーで緊張していたことを明かすも「監督や田中圭さん、スタッフさんのお陰で凄く楽しくやらせていただきました」と笑顔。「撮影が終わった今もあれは夢だったんじゃないか?と思います。こんな素晴らしい作品に関われて幸せです。結局これが言いたかったのですが、私の演技はバファリンの半分の方の気持ちで見ていただければ幸いです」とコメントを締めくくった。

 さらに、最新版のポスタービジュアルと予告編も解禁。ポスターでは、五角関係のおっさんたちに加え、ドラマからのメンバーのちず(内田理央)、マロ(金子大地)、舞香(伊藤修子)、鉄平(児嶋一哉)、武川(眞島秀和)、蝶子(大塚寧々)が勢ぞろい。予告編は、本社と営業所の対立からスタートするも、黒澤が階段から転落して、春田のことだけを忘れてします衝撃展開に。ドラマで結ばれた牧に対し「別れようぜ」と告げる春田。そのほかにも、サウナ室で裸になっている5人や、炎の中のアクションシーンなど、先が読めないおっさんたちの姿が切り取られている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

関連写真

  • 『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の新ポスタービジュアル(C)「劇場版 おっさんずラブ」製作委員会
  • 『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』に出演するゆいP(C)「劇場版 おっさんずラブ」製作委員会
  • 『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』前売り特典(C)「劇場版 おっさんずラブ」製作委員会

オリコントピックス