• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 吉岡里帆、初の刑事役で『時効警察』参戦 オールスターズ再結集

吉岡里帆、初の刑事役で『時効警察』参戦 オールスターズ再結集

 女優の吉岡里帆が、10月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(10月スタート、毎週金曜 後11:15〜深0:15※一部地域を除く)に新規参戦することが明らかになった。テレビドラマで本格コメディーに挑戦する吉岡は、刑事役も初めて。「ガンバリマス!」が決めぜりふの“やたらとガンバル刑事課期待の新人”で、隙あらば霧山&三日月の“趣味の捜査”に首を突っ込んでいく彩雲真空(あやくも・まそら)を意気揚々と演じる。

【写真】その他の写真を見る


 12年ぶりにぬるっと寝耳に水の復活を遂げることが発表された、シュールな脱力系コメディーミステリー『時効警察』。ざっくり2019年放送と謳われていたが、前2シリーズと同じ金曜ナイトドラマ枠で10月から放送されることが決定した。時効になった事件を趣味で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、おなじみの迷(名)助手・三日月しずか(麻生久美子)と共に、もはやライフワークと言っても過言ではない“唯一の趣味”を再開する。

 さらに、温和な無秩序課長・熊本(岩松了)、無類のイタズラ好き・又来(ふせえり)、人生の99%が無表情なサネイエ(江口のりこ)ら、時効管理課の面々、トレンチコート命の残念エース刑事・十文字疾風(豊原功補)&いい加減を極める先輩刑事・蜂須賀(緋田康人)、ちゃっかり鑑識官・諸沢(光石研)、そしてナレーターの由紀さおりも12年ぶりに再結集。身の上に多少の変化はありつつも、基本人格は相変わらずな時効オールスターズが脱力旋風を巻き起こす。

 撮影はすでにスタート。現場では日々、時効ワールドがじっくりことこと煮込まれている。そんな中、昨年、『時効警察』のメイン監督・三木聡の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に出演した吉岡は、今回も三木監督の手腕に脱帽。「もっと即興でツッコミやボケが飛び交っているのかなと思っていたんですけど、特に三木さんが脚本・監督を担当される回は、皆さんが台本にあるせりふを一語一句、絶対に変えることなく、すべて完璧に積み上げられた会話劇になっているんです。そこは意外でした!」と、打ち明ける。

 三木聡監督も「若くてエネルギッシュな吉岡さんのテンション高めな芝居が時効警察に新しいテンションをもたらし、時効警察をよりパワーアップさせてくれていると思います」と、早くも大きな信頼を寄せている。

 また、吉岡は初共演となるオダギリ、『音タコ』以来の再共演となる麻生のことも壮絶リスペクト。「オダギリさんは、誰よりも皆さんのことを見ていてくださって、とても頼もしい方。麻生さんはかわいくて、面白くて、無敵な人。大好きです!」と、声を弾ませた。

 オダギリも「新しく加わることは、不安や心配も大きかったと思いますが、吉岡さんは見事に馴染んでいます。というより、既にみんなから愛されています。明るくて素直で人柄が良く、麻生さんは『こんな素敵な子どもが欲しい』と、吉岡さんの家庭環境を聞き出したりしています。とにかく。時効警察は独特な現場ですが、吉岡さんなら何の心配もないと思います」と、太鼓判を押す。

 さらに、12年ぶりにレギュラーキャスト陣と再会した感想をオダギリに尋ねると、「確かに12年が経っているのに、みんな何も変わっていませんでした。見た目も変わってないし、掛け合いも当時のまま。初日から何の違和感もなく、12年前の感覚に戻ることができました。ただ、みんな確実に体力は落ちています(笑)」と笑っていた。

関連写真

  • 吉岡里帆(中央)が初の刑事役で『時効警察はじめました』(10月スタート)に参戦。霧山修一朗(オダギリジョー)、三日月しずか(麻生久美子)が12年ぶりに金曜ナイトドラマに帰ってくる(C)テレビ朝日
  • 時効オールスターズが再結集(C)テレビ朝日
  • 刑事・彩雲真空役の吉岡里帆(C)テレビ朝日
  • 12年ぶりの新シリーズ『時効警察はじめました』(10月スタート)刑事・彩雲真空役の吉岡里帆(C)テレビ朝日

オリコントピックス