• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 原田泰造、磯村勇斗&三宅弘城との3人組は「ネプチューンくらい居心地が良い」

原田泰造、磯村勇斗&三宅弘城との3人組は「ネプチューンくらい居心地が良い」

 タナカカツキ氏の“サウナの伝道漫画”を初めて実写化したテレビ東京ドラマ25『サ道』(7月19日スタート、毎週金曜 深0:52)に出演する原田泰造三宅弘城磯村勇斗が8日、東京・フィンランド大使館で行われた『フィンランドサウナアンバサダー授与式』と番組制作発表に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 共演者との仲の良さを聞かれた原田は「3人でいるときは気持ちがリラックスしていて、僕の中ではネプチューンに代わるくらい居心地が良いです」と笑顔。さらに「この前、3人で錦糸町のサウナに行った」と明かし「お酒飲んでサウナ情報を交換して、また2回目やろうね!という話もして、大変気持ちが良いです」と終始ごきげんな様子。

 出演が決まったときを振り返った、サウナ好きの原田は「稲妻が自分に落ちてきたような感じ」と喜びを表現するも「周りの人に言っても『えー、すごいじゃん』くらいで、自分の中ではものすごいことなんですけど、あまり伝わらないんですよね」と苦笑い。それでも「これをやれるのは本当に幸せなことです。毎日幸せです」と話した。

 同じくサウナ好きの三宅も「ドラマ化が決まってどうしてもやらせてくれ。これは僕がやらなきゃダメな役だとマネージャーに言っていたことを覚えてます。でもこのうれしさが伝わらないんですよ」と原田と同じ境遇だったことを明かした。

 ドラマを通してサウナに通い始めた磯村は、プライベートで訪れたサウナで「あぐらをかいて、指をお釈迦さまのようなポーズにして、永遠に動かないようなおじいちゃんを見ました」と驚きの表情も「あれが“真のサウナー”だと。そこまで到達したいなと思いました」と今後も“サウナー”を目指して精進していくことを誓った。

 ドラマの主人公・ナカタアツロウ(原田)はサウナに興味がなく、苦手意識を持っていた。ある日、謎の男・蒸しZ(宅麻伸)に出会い、サウナの気持ち良さを知る。その後も偶然さん(三宅)やイケメン蒸し男(磯村)など個性的なサウナ仲間と日常を楽しみながら、蒸しZの姿を追いかけ、全国の理想のサウナ施設探訪にも出かける。

関連写真

  • 磯村勇斗(左)と三宅弘城(右)との3人組は「居心地が良い」と語った原田泰造(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • 『フィンランドサウナアンバサダー授与式』とテレビ東京ドラマ25『サ道』制作発表に出席した原田泰造 (C)ORICON NewS inc.
  • 『フィンランドサウナアンバサダー授与式』とテレビ東京ドラマ25『サ道』制作発表に出席した磯村勇斗 (C)ORICON NewS inc.
  • 『フィンランドサウナアンバサダー授与式』とテレビ東京ドラマ25『サ道』制作発表に出席した三宅弘城 (C)ORICON NewS inc.
  • 東京ドラマ25『サ道』より(C)「サ道」製作委員会

オリコントピックス