• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 井浦新、アキラ100%こと大橋彰の俳優力を絶賛「ホントにスゴいんです」

井浦新、アキラ100%こと大橋彰の俳優力を絶賛「ホントにスゴいんです」

 俳優の井浦新(44)、お笑いタレントのアキラ100%こと大橋彰(44)が6日、都内で映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は長崎で父の遺した工場を継いだ弟・亮太(井浦)と、職に就かない虚言癖のある兄・章一(大橋)が、兄弟で父親探しを始める物語。父親探しの中で出会う人々や兄弟を取り巻く人間模様を切なく映し出し、家族を知り、愛を知っていく感動ムービー。横尾初喜監督(40)の半自伝的映画となる。そんな横尾監督は「女優の遠藤久美子です」と第2子を妊娠中の妻の名前を照れながら自己紹介。会場は温かい笑いに包まれた。

 横尾監督は自分のこれまでの人生を振り返る作業となった。井浦は「横尾監督が腹を決めて作った作品です。これは監督に全開でやってもらわないと、と。監督の開けてない扉を開けた。監督がうつになるんじゃないかと思うぐらい追い込んだ。初めての経験です」と懐かしんだ。台本は次第によくなっていったそうだが、横尾監督は「熱が出ました」と苦笑いを浮かべていた。

 井浦と大橋は本物の兄弟のような演技が話題となっている。同い年という共通項があり、井浦は「同い年は妙な信頼関係がある。僕は実際は長男。弟や妹はいいなと思っていた。役を通して、自分が叶えられなかった弟だからこその甘え方、アニキへの突っかかり方を彰さんにぶつけさせてもらった」と撮影を思い返した。

 一方の大橋は感動的なラストシーンについて「何日か前から『最後のシーンは大事にしたい』と言われていた。作品全体としても、章一という人間としても大事。いざ、やるってなったときにできるかは別問題で、毎日が不安だった」。イメージトレーニングを繰り返し、身体に役を染み込ませたそう。「当日はパンパンのバケツを水こぼさないように、ゆっくり持っていったという感じ。誰とも、しゃべらないようにして、やりました」と役作りを語る。

 そんな大橋を1番、間近で見ていた井浦は「彰さんが、あそこで、あれだけ爆発してもらわなかったら生まれなかった」と思い出に残るシーンを回想。続けて「まだ、裸の方しかイメージないかもしれないですけど、スゴいんですから、ホントに。ぜひ、彰さんの芝居を味わってください」と俳優・大橋彰の才能を絶賛していた。

 舞台あいさつには車谷浩司、撮影監督の根岸憲一氏も登壇した。

関連写真

  • 映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した(左から)アキラ100%こと大橋彰、井浦新 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した(左から)根岸憲一氏、大橋彰、井浦新、車谷浩司、横尾初喜監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した横尾初喜監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した車谷浩司 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した根岸憲一氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『こはく』の公開初日舞台あいさつに参加した(左から)アキラ100%こと大橋彰、井浦新 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス