• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “写真集の女王”生田絵梨花/大ブレーク中の横浜流星 共に「写真集」TOP5返り咲き

“写真集の女王”生田絵梨花/大ブレーク中の横浜流星 共に「写真集」TOP5返り咲き

 6/17付オリコン週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」(集計期間:2019年6月3日〜6月9日)では、横浜流星の2nd写真集『流麗』が、前週6/10付の11位から4位に、乃木坂46生田絵梨花の写真集『インターミッション』も8位から5位に順位を上げ、共にTOP5に返り咲いた。

 横浜流星の2nd写真集『流麗』は、3/25付の週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」で初登場4位にランクインすると、以降TOP50内を堅調に推移し、5/13付の同ランキングでは1位を獲得。その後もTOP20内をキープし、今週再びTOP5入りを果たした。

 1月期のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で、ピンク髪の“ゆりゆり”こと由利匡平役を好演し、放送終了後には“ゆりゆりロス”の声が上がるなど、現在大ブレーク中の横浜流星。表紙&グラビアに挑戦した6月5日発売の女性グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス)2154号では、発売前にネット書店で予約受付が終了するなど完売店が続出し話題となった。こうした話題に加え、日本テレビ系連続ドラマ『あなたの番です』にも、第11話(30日放送)から出演。ドラマでの活躍は、写真集の売り上げにもつながってきそうだ。

 一方、乃木坂46・生田絵梨花の写真集『インターミッション』は、今年1月に発売すると、初週に17.9万部を売り上げ1位を獲得。4週連続1位を含む、7週連続でTOP3にランクインするなど、2019年上半期オリコンBOOKランキング ジャンル別「写真集」で、2位以下を大きく突き放す27.5万部を売り上げ、1位を獲得した。

発売から約半年が経過した今、再び順位が上昇した要因として考えられるのが、“上半期1位”“写真集女王”というキーワードだろう。男性・女性のどちらからも支持される生田の親しみやすいキャラクターに加え、メディア露出やイベント出演などでするたびに、これらのキーワードが話題に挙がり、視聴者が写真集へ興味・関心を抱くことでセールスにつながる、という好循環が生まれていることが考えられる。

 両作とも発売以降、週間BOOKランキング ジャンル別「写真集」TOP50圏内をキープ。ロングヒットながら、ここにきて順位を上げるなど、その勢いはまだまだ衰えそうにない。年間ランキングに向けて、今後どういうセールス動向になっていくのか注視したい。

関連写真

  • 『生田絵梨花写真集 インターミッション』(講談社)
  • 横浜流星写真集『流麗』表紙カット(C)KADOKAWA

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年9月16日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年9月16日号

<COVER STORY>
橋本義賢氏(ブシロード代表取締役社長)
クイックジャッジと継続したIP運営が
IPディベロッパー体制の大きなメリットとなる

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート8月度
総売上195.2億円 3ヶ月ぶり前年比マイナス
アニメは前年同月比113.8%

お問い合わせ

オリコントピックス

 を検索