• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 田中圭、吹替初挑戦 20歳差のカイル・チャンドラー役「根性論でやりました」

田中圭、吹替初挑戦 20歳差のカイル・チャンドラー役「根性論でやりました」

 俳優・田中圭(34)が5月31日、都内で行われた映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の初日舞台あいさつに登壇。田中が演じたのは、カイル・チャンドラー(53)が演じるマーク・ラッセル役だったが、年齢が20歳近く離れていることもあり、オファーを受けたとき「ゴジラ? カイル・チャンドラー?って思いました」と恐れ多くも挑戦したことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 今作が吹替初挑戦の田中は「もちろん技術的にも大変だったんですけど」といい「年齢の差が、これは大丈夫なのかなと思っていた」と悩みを打ち明けた。さらに「アフレコも、ほかの方の声はまだ入ってなくて、(渡辺)謙さんの声だけが入っていて格が違うなあと思いましたし、これ僕で良いんですか?って聞きましたね」と振り返った。それでも「お父さんとしての想いをマークにぶつけてくださいと言われたので、根性論でやりました」と最後は気合いでこなしたことを話した。

 本作のキャッチコピーが“王の覚醒”であることから、最近覚醒したことを聞かれると、同席した木村佳乃(43)は「シン・ゴジラを観たときにエヴァンゲリオンを勧められまして、漫画を大人買いして読み終わったんですけど、すごく面白かったです」とし「DVDも買ったんですけど、いつ観ようかなと。いまさらなんですけど」とここに来てエヴァブームが到来。

 芦田愛菜(14)は「犬派だったんですけど、最近猫派に覚醒しました」と明かし「お友達の家にお泊りしたんですけど、猫がいて、ずっとついてきて、ドアの前で待っている姿がかわいくて」とほほえましいエピソードに、田中と木村も笑顔を見せていた。

 国民的怪獣『ゴジラ』は1954年11月に映画第1作が公開され、これまでに国内で32作を製作。シリーズ累計動員数は1億人を突破している。ハリウッド版『ゴジラ』最新作は、前作『GODZILLA ゴジラ』(2014年公開)から5年後の世界が舞台。モスラ、ラドン、キングギドラらの神話時代の怪獣たちが復活し、世界は破滅へと向かう。

関連写真

  • カイル・チャンドラー役に恐れ多くも挑戦したことを明かした田中圭 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の初日舞台あいさつに登壇した(左から)木村佳乃、芦田愛菜、田中圭 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の初日舞台あいさつに登壇した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の初日舞台あいさつに登壇した芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の初日舞台あいさつに登壇した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の初日舞台あいさつに登壇した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス