ドラマ&映画 カテゴリ

大久保佳代子、節制生活して本気芝居 女優への野望抱くも「人生、そんな甘っちょろいもんじゃない」

 お笑いタレントの大久保佳代子が30日放送されるテレビ朝日系連続ドラマ『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)第7話にゲスト出演。天海祐希演じるプロの取調官・真壁有希子ら『緊急事案対応取調班(通称・キントリ)』のメンバーから取り調べを受ける被疑者・伴佐知恵を演じる。「絶好調なドラマに出演できるばかりか、台本を読んだら、ばっちりセリフがある役じゃないですか。これは集中して取り組まないと…と思って、撮影期間中の1週間は飼ってるワンちゃんを実家に預けて、深酒もせず、めちゃくちゃ規則正しい生活をしたんです!」と全力で挑んだ。
 
 大久保が演じるのは24歳も年下の恋人と再婚して幸せになるため、元夫を殺した罪を償おうと自首してきた知恵。今回の役はメインゲストである上に、セールストークを武器に会社を大成長させた女社長ということで、セリフも膨大。「まぁ〜セリフを覚えられない、いざ口に出してみたら舌が回らない…という状態で、すごく苦労しました!」と奮闘したそう。

【写真】その他の写真を見る


 慣れないドラマの現場に苦戦しつつも周囲は一生懸命な大久保をサポート。「最初のシーンこそ緊張しましたけど、皆さんがやりやすい空気を作ってくださったので、本当に助かりましたね。『ちょっと言いにくいなぁ』と思っていたセリフも、『こんなふうに言ってみたら?』とアドバイスをくださって、『あら〜、優しいなぁ!』と感激しました。こっちが集中してる時にも意外と話しかけてくるので、「あれ?」と思ったこともありましたけど(笑)、すごくフランクに接していただいて感謝しています」と喜んだ。

  特に座長・天海については「サバサバしているし、私が人見知りだと知って、いろいろ話しかけてもくれたんですよ。『(明石家)さんまさんと絡むときは、ポンポンと答えを返さなきゃいけないから大変だ』という話などで盛り上がりましたね。一方で、至近距離で目を合わせて芝居をしたときは、全体を引き締めるオーラに圧倒されました」と感激。一方で「取り調べのシーンはもういいです! あの緊迫感はもう十分に堪能しました(笑)!」とお腹いっぱいのようだ。

 また。今後の“女優業”への意欲を聞かれると「最初は欲が出ちゃって、「これを機に女優の仕事のオファーが増えるかも…ここで頑張らなきゃ!」って思っちゃったんですよ(笑)。そこから、オファー殺到のサクセスストーリーが膨らんでいったんですけど…」と夢を抱くも「思ったほどの声量もテンポも出ず、もたもたしちゃって、徐々に野心をくじかれていったんです(笑)。人生、そんな甘っちょろいもんじゃないんですよね」とすっかり諦めモード。

 「今は『どうか編集でいい感じにお願いします』という謙虚な気持ちです!」としつつ「ただ、自分としては全力投球したし、久々にどっぷり精神的にもやられたので、しばらくはキントリ・ロスがあるかもしれないです」と名残惜しそうに語っていた。

関連写真

  • 30日放送の『緊急取調室』第7話にゲスト出演する大久保佳代子 (C)テレビ朝日
  • 30日放送の『緊急取調室』第7話に出演する大久保佳代子、小日向文世、天海祐希 (C)テレビ朝日
  • 30日放送の『緊急取調室』第7話にゲスト出演する大久保佳代子 (C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索