ドラマ&映画 カテゴリ

中谷美紀、美背中大胆披露で魅了 映画館4件ハシゴの過去告白「なくなった映画館を思うと悲しくなる…」

 女優の中谷美紀(43)が28日、東京・広尾のフランス大使館 大使公邸で『フランス映画祭2019横浜』のラインアップ発表記者会見にフェスティバルミューズとして参加した。

【写真】その他の写真を見る


 中谷は背中を大胆に見せた黒のロングドレスで登場し、フランス語と日本語であいさつ。「横浜の街は、少しカンヌに似ています」と笑顔を見せていた。10代のころからフランス映画が好きで、ゴダールやトリュフォーらに傾倒したという。「ハリウッド映画ももちろんエンターテイメントとして楽しいのですが、フランス映画は光と影を大切に捉えている。ただ女性が美しかったり、ただ男性がハンサムなだけではない人々の人生をつぶさに見つめ、弱者に温かい眼差しを向けているところがフランス映画のいいところ。ときにピリッとした辛口のジョークも味わえるのも醍醐味かな」と魅力を熱弁した。

 映画の鑑賞方法については「若いころは、お休みとあらば1日4件ぐらい映画館をハシゴした。私の青春はフランス映画でした。フランス映画ブームでフランス映画を観ないとカッコ悪いぐらいの勢いでした」と回想。シネヴィヴァンやシネバトスなど、今はなき単館系の映画館の名前を挙げ「なくなった映画館を思うと悲しくなる。そうした映画館を1日でハシゴして、パンフレットを買い占めて、監督、主演の方の名前を覚えたりしましたね」と懐かしんだ。そして「今はもっぱらネットやDVDで観てしまっている。なかなか映画館に出かけることが少なくなってしまって、自分で悔やまれること。奮い立たせて見に行くようにしております」と笑顔で説明していた。

 『フランス映画祭2019横浜』は6月20日から23日まで、みなとみらい地区を中心に開催。さえないおじさん8人が人生のリスタートをかけ、シンクロに挑むフランス版『ウォーターボーイズ』の『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』がオープニング上映されるほか、フランスを代表する映画俳優、監督が来日し、日本未公開のフランス映画の上映やトークイベント、サイン会などが行われる。

 会見にはローラン・ピック駐日フランス大使、イザベル・ジョルダーノユニフランス代表、林文子横浜市長、川口均日産自動車副社長も参加した。

関連写真

  • 『フランス映画祭2019横浜』のラインアップ発表記者会見に出席した中谷美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 大胆な背中見せ衣装で登場 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)川口均日産自動車副社長、イザベル・ジョルダーノユニフランス代表、中谷美紀、林文子横浜市長、ローラン・ピック駐日フランス大使 (C)ORICON NewS inc.
  • 『フランス映画祭2019横浜』のラインアップ発表記者会見に出席した中谷美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 『フランス映画祭2019横浜』のラインアップ発表記者会見に出席した中谷美紀 (C)ORICON NewS inc.
  • 『フランス映画祭2019横浜』のラインアップ発表記者会見に出席した川口均日産自動車副社長 (C)ORICON NewS inc.
  • 『フランス映画祭2019横浜』のラインアップ発表記者会見に出席した中谷美紀 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索