アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ゆりありく、2代目りくをテレビ初披露 初代との“縁”も明らかに

ゆりありく、2代目りくをテレビ初披露 初代との“縁”も明らかに

 女芸人・ゆりあと“天才猿”のりくによるコンビ・ゆりありくのゆりあが、あす18日放送の日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』(後7:00)に出演。先月5日にりく(本名:りく ニホンザル 19歳)に心不全のため永眠したが、18年間にわたるコンビの絆を振り返りながら、その思いを受け継ぐ「2代目りく」も初お披露目される。

【写真】その他の写真を見る


 鈴木由梨亜(ゆりあ)が、猿回し師・村崎太郎の門を叩いたのは今から約20年前。幼い頃から「ニホンザル」の魅力に取りつかれ、将来の夢は「日光さる軍団の先生」だったゆりあは、入門からほどなくして、太郎から「コンビを組む相棒(サル)を選べ」と言われ、なんとなく選んだ相手が、当時1歳、山で保護されたばかりの野生のサル「りく」でだった。

 入門したばかりの新人と子ザルのコンビは、基本中の基本である「一緒に歩く」ことすら、ままならず。そんなゆりあに、太郎さんは「お前がサルになれっ!!」との言葉をかけることで、サルを従わせるのではなく、サルに人間が寄り添っていくという思いを伝えた。毎日の生活を共にし、出会いから1年後、劇場の前座でデビュー。「ゆりありく」が誕生した。

 りくは、5歳になると反抗期を迎え、今までできていたことができなくなるも、ゆりあは辛抱強く向き合い、やがてコンビの絆はより深いものに。数々のテレビ出演や、単独ライブの開催など人気者になっていったが、ゆりあが自分の子供のように思っていたりくも、人間の年齢で言うといつしかゆりあの年齢を追い越していた。

 そして、2019年4月5日、出会いから18年目でりくとの別れが訪れる。初めて経験する相棒との辛い別れに涙するゆりあに、太郎さんはある言葉をかける。ゆりあは、その言葉の意味をかみしめ、新しい相棒を迎えることを決心。出会った新相棒は、初代りくと“縁のある”子だった。りくと最後の地方巡業に行った奈良県十津川村で保護され、子どものころの洋服のサイズもぴったり。新生ゆりありくが、テレビ初披露となる。

関連写真

  • 18日放送の『天才!志村どうぶつ園』の模様(C)日本テレビ
  • 18日放送の『天才!志村どうぶつ園』の模様(C)日本テレビ
  • 18日放送の『天才!志村どうぶつ園』の模様(C)日本テレビ
  • 18日放送の『天才!志村どうぶつ園』の模様(C)日本テレビ
  • 18日放送の『天才!志村どうぶつ園』の模様(C)日本テレビ
  • 18日放送の『天才!志村どうぶつ園』の模様(C)日本テレビ

オリコントピックス