ドラマ&映画 カテゴリ

倍賞千恵子、“妻思い”な藤竜也の一面明かす「いつも『ありがとう』と」

 女優の倍賞千恵子、俳優の藤竜也が10日、都内で映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつに登壇。藤と家族ぐるみの付き合いがある倍賞は、妻思いな藤の一面を明かした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は西炯子氏による人気漫画『お父さん、チビがいなくなりました』(小学館)の実写化。3人の子どもが巣立ち、人生の晩年を夫婦2人とネコ1匹で暮らしている勝(藤)と友喜子(倍賞)。勝は無口、頑固、家では何もしないという絵に描いたような昭和の男。そんな勝の世話を焼く友喜子の話し相手は、飼い猫のチビ。ある日、友喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と告げる。驚き、その真意を探ろうと子どもたちは大騒ぎ。そんな時、友喜子の心の拠り所だったネコのチビが姿を消してしまい…、という物語。

 舞台あいさつで藤は「撮影中、ずっと『日本中の奥様方に嫌われるようにやってください』と言われながらやっていました」と冗談交じりに回想。令和の時代を迎え、倍賞は「昭和には、こういうお父さんがたくさんいた」としみじみと口にした。

 藤と28年ぶりに夫婦役を務めた倍賞は、藤の妻思いな一面を紹介した。自宅が近く、藤の家族も一緒に食事する仲だそうで、「奥様に優しい。とっても大事にしている。いつも『ありがとう』っておっしゃる。とてもステキ。見習わなきゃな、と思います」と明かすと、藤は照れくさそうな表情になっていた。

 一方の藤は「改めて分かったことがある。私のとこも結婚50年。親子関係は誰が何をしても消えない。夫婦っていうのは50年、連れ添っても紙1枚で赤の他人になれちゃう」と夫婦という関係についてトーク。「それを考えたときにゾッとしました。夫婦という絆は堅固なようで大変、脆弱なんだな、と思うようになりました」と笑わせた。

 フォトセッションでは劇中でチビだったネコのりんごも登場。藤に抱っこされたりんごに、会場からは「かわいい〜」という声が聞こえ、倍賞を筆頭にキャスト陣も愛でていた。

 舞台あいさつには市川実日子西田尚美小市慢太郎小林聖太郎監督も参加した。

関連写真

  • “妻思い”な藤竜也の一面を明かした倍賞美津子(左) (C)ORICON NewS inc.
  • ネコのりんごも登場 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)小市慢太郎、市川実日子、倍賞千恵子、藤竜也、西田尚美、小林聖太郎監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつに登壇した西田尚美 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつに登壇した小市慢太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつに登壇した市川実日子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつに登壇した倍賞千恵子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつに登壇した藤竜也 (C)ORICON NewS inc.
  • ネコのりんごも登場=映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • ネコのりんごも登場=映画『初恋〜お父さん、チビがいなくなりました〜』の公開初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索