アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 大ヒットホラー『IT/イット』27年後を描く完結編、11・1日本公開

大ヒットホラー『IT/イット』27年後を描く完結編、11・1日本公開

 2017年に公開され、日本でも興行収入22億円を超え、観客動員数は約169万人を記録する大ヒットを記録したホラー映画『 IT/イット』の完結編となる最新作、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が11月1日より公開される。

 文学作品として圧倒的な評価を得ているホラー作家、スティーヴン・キングの傑作小説が原作のホラー・エンターテイメント。前作は、見たことのない恐怖描写と、伏線だらけのミステリアスな展開、ジュブナイル映画として観る者を虜にするエモーショナルなストーリーを描き、恐怖と感動が同居する類まれな作品として、圧倒的な評価を獲得。公開当時、排水口やマンホールの入り口の赤い風船の目撃情報が相次ぎ、ペンシルベニア州の警察署が警告文を出す異例の事態に発展するなど、世界規模での社会現象を巻き起こした。

 その結果、世界興行収入7億ドル超え(777億円 ※1ドル=111円換算)を達成し、全世界で社会現象化それまでのホラー映画の興収記録を保持していた『シックス・センス』(6億7200万ドル)を打ち破り、R指定のホラー映画としても44年間君臨し続けていた『エクソシスト』(4億4100万ドル)の興収も抜いて歴代1位に躍り出た。興行収入はすべてBoxofficemojo調べ。

 完結編の舞台は、前作から27年後。次々と子どもたちが消える「連続児童失踪事件」が再び発生し、「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という不穏なメッセージが、かつて“それ”と対峙した27年後の子どもたちに届く。「再び“それ”が現れたら僕たちも戻る」と誓った27年前の<約束>を守るため、忌まわしき町デリーに帰ってくるビル(ジェームズ・マカヴォイ)をはじめとしたルーザーズ・クラブの仲間たち。

 なぜ再び“それ”は現れたのか? 27年前の連続児童失踪事件の真相とは? そして、“それ”の正体、目的とは? 町全体を恐怖のどん底に陥れ次々と襲い来る“それ”から、彼らは生き延びることができるのか!? すべての謎が明らかになるとき、全世界が絶望的な恐怖に飲み込まれる――。

 前作でビル役を演じたジェイデン・リーベラー(16)は、27年後のビル役にジェームズ・マカヴォイ(40)を、ベバリー役のソフェイア・リリス(17)はジェシカ・チャスティン(42)をそれぞれ熱望し、どちらも夢がかなう最高のキャスティングが実現。恐怖の象徴ペニーワイズ役は、ビル・スカルスガルドが続投。監督は前作に続きアンディ・ムスキエティが務める。

 今回初解禁されたビジュアルには、本作のタイトルロゴの隣に前作の恐怖がまだ終わっていないこと示唆するように、赤い風船が暗闇の中に浮かび上がっている。各キャストのSNSには赤い風船が隠された写真がアップされており、何かが起こる予感に期待は膨らむばかりだ。

■公式サイト
http://itthemovie.jp

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

オリコントピックス