アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 瀬戸康史、恋愛は「9割の勝算がないと行けない」 『パーフェクトワールド』役柄に共感

瀬戸康史、恋愛は「9割の勝算がないと行けない」 『パーフェクトワールド』役柄に共感

 俳優・松坂桃李主演のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『パーフェクトワールド』(毎週火曜 後9:00 ※20分拡大)の第3話が7日に放送される。ヒロインに想いを寄せる是枝洋貴役の瀬戸康史のコメントが到着した。

【写真】その他の写真を見る


 ドラマは不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂桃李)と高校の同級生・川奈つぐみ(山本美月)とのラブストーリー。きょう放送の第3話では、つぐみの幼なじみで彼女に思いを寄せる是枝洋貴を演じる瀬戸の切ない恋にも焦点が当たる。

 つぐみと樹は江の島へ出かけたり、樹の部屋で休暇の予定を相談したりと、デートを重ねる。ゴールデンウィークには車で一緒に長野に帰省するが、実家に到着すると、つぐみの父・元久(松重豊)と鉢合わせしてしまい…。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴は、大きなショックを受けていた。つぐみと樹、ひかれ合う2人をはばむ障壁が次々と現れる。

 瀬戸は「もしも僕が是枝の立場におかれたら、“俺が、俺が”って感じでは行けないですし、やっぱり様子を伺っちゃいますね」といい、「是枝もどこか自分の気持ちを隠したり、抑えたりしちゃうタイプかなと思うので、その部分は共感できます。僕は傷つくのが怖いので、9割の勝算がないと行けないです(笑)」とシンパシーを感じているよう。

 つぐみのことを大切にするがゆえになかなか思いを告げられずにきた是枝だが、瀬戸は「実際に演じてみて、是枝は“いちいち、つぐみの様子が気になってしまう”と思いました。つぐみは一つのことに集中してしまうタイプなので、自然と気になるし、『どういう顔して鮎川のことをしゃべっているの?』などと、考えてしまっていると思います。片思いなんですけど、そこには『つぐみが幸せになってほしい』という気持ちもあるんです。その反面『何で鮎川なんだ? 俺は幼い頃から一緒にいるのに、何で気づいてくれないんだ?』という、むずがゆいというか、どうしようもできない怒りのようなものも感じます」と歯がゆい是枝の想いを代弁した。

 ドラマの見どころについては「本当にすてきなラブストーリー。でもこのドラマは、ラブストーリーに、障がいとか、誰が誰を好きとか、さまざまな事情が絡んでいます。そういう複雑なことは、皆さんの日常にも起こりうることですし、もしかしたらすでに起こっているかもしれないですよね。なので、きっとみなさんに共感していただけるのではないかと思います」と自信をみせる。「そして、見ていただいた方々が、“明日も頑張ろう”とか“恋愛や仕事頑張ろう”と、活力になると思うので、ぜひ楽しんでいただきたいです」と呼びかけている。

関連写真

  • 『パーフェクトワールド』に出演する瀬戸康史 (C)カンテレ
  • 火曜ドラマ『パーフェクトワールド』に出演する(左から)山本美月、松坂桃李(C)カンテレ
  • 火曜ドラマ『パーフェクトワールド』に出演する(左から)山本美月、松坂桃李、瀬戸康史(C)カンテレ
  • 火曜ドラマ『パーフェクトワールド』第3話場面カット(C)カンテレ
  • 火曜ドラマ『パーフェクトワールド』第3話場面カット(C)カンテレ

オリコントピックス