アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 山田涼介主演『もみ冬』夏にSPドラマ化「成長を見せられたら」

山田涼介主演『もみ冬』夏にSPドラマ化「成長を見せられたら」

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演した2018年1月期の日本テレビ系連続ドラマ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』が今夏、SPドラマとして放送されることがわかった。タイトルは『もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜』。山田、女優の波瑠、俳優の小澤征悦が演じるエリート3兄弟をはじめ、父・中村梅雀小瀧望(ジャニーズWEST)、千葉雄大浅野和之恒松祐里児嶋一哉らレギュラーキャストはそのままに復活する。

 同ドラマは山田演じる主人公の北沢秀作が、父親や兄姉からの無茶ぶりに応え、家族にふりかかるトラブルのみを全力で解決するべく奮闘する様子を描いたホームコメディー。連ドラでは、エリート警察官だった秀作がまさかの失職。2019年夏、ほかの家族たちはそれぞれの逆境を跳ね返し、昔に勝るとも劣らない社会的地位と経済的安定を手に入れるなか、憧れているパティシエへの面接もことごとく落ち、秀作の家族内の地位はますます下落していた。

 そこにロスに医者として武者修業に出ていた博文(小沢)が帰国。ロスで『AIを駆使した医療技術』という新たなスキルを身につけ『AI天才外科医』として日本に凱旋した博文は「これから人類の未来はAIが担う! もちろん北沢家の未来も!」と高らかに宣言、北沢家に「AIケンジ」そして、その妹の「AIサユリ」を持ち込むが…。家族からの無茶ぶり、AI導入による混乱、そして実らない恋の苦しみに、再びもだえ苦しみ奮闘する秀作の運命はいかに。
 
 山田は「連ドラでの秀作は、家族の為に罪を犯すたびに色気が増していたんですけど、最終回で行き着くところまで行ってしまったので、今回のスペシャルでは最初から色気MAXの秀作でいなければいけないなと(笑)。これまでにいろんなことを経験した秀作の成長を見せられたらと思っています」と意気込みを語っている。
 

■山田涼介ら出演者コメント

山田涼介
「『もみ消して冬』の続編をやるなら『もみ消して夏』になるんじゃないかと思っていたら、メインタイトルは変わっていなくて、そこが面白いですね(笑)。
北沢家の人々のテンポのいい会話がこのドラマの良さだと思うので、コミカルにテンポよく演じていきたいです。北沢家のシーンは、連ドラの時から、みんなで考えて話し合いながら作り上げる大切なシーンで、早くその空気感に戻りたいです。
連ドラでの秀作は、家族の為に罪を犯すたびに色気が増していたんですけど、最終回で行き着くところまで行ってしまったので、今回のスペシャルでは最初から色気MAXの秀作でいなければいけないなと(笑)。これまでにいろんなことを経験した秀作の成長を見せられたらと思っています。
北沢家の人々はそれぞれ、いろんな思いを抱えて、必死にやっているからこそ面白おかしく見えるんです。このスペシャルでも、その姿を笑っていただければと思います。
今回はAIがキーアイテムになっていて、秀作とAIとのやりとりも見どころになると思いますし、演じる僕も楽しみにしています。」


波瑠
「知晶を演じることは楽しいので、また演じられるのは、とてもうれしいです。会話劇が多いので頑張らないといけないなという思いもあります。
北沢家のきょうだい3人で久しぶりに顔を合わせたら、すぐに連ドラの時の空気感に戻った気がして、落ち着く感じがしました。撮影で北沢家の皆さんに会えるのが楽しみです。スペシャルのストーリーは、また秀作が大変なことになりそうです(笑)。
知晶は相変わらず毒舌キャラのままかと思いきや、婚活していたり、女性らしくなっているところもあるようで、その辺も意識しながら演じたいです。このドラマには家族愛が根底にあると思います。一つの目標に突き進んでいく北沢家を通じて、家族の絆を感じられる作品になるように、私も頑張ります。」


小澤征悦
「連ドラの時から「続編をやりたいね」という話はしていました。このメンバーでスペシャルができるのはうれしいし、力を合わせて頑張っていきたいです。
今回は、新しい時代にふさわしくAIという題材を取り入れていて、博文が北沢家にAIを持ち込みます。博文はスペシャルになってもゴーイングマイウェイな人で、連ドラの時よりも、さらに幼稚になっているところを見せられたらと思いま(笑)。
中村梅雀さん演じる父・泰造のムチャ振りに秀作が振り回され、北沢家の人々が助け合う姿も見られるのではないでしょうか。秀作は色気が増して、すごいことになりそうなので(笑)、視聴者の皆さんは楽しみにしていただきたいです。」

オリコントピックス