アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 緊急入院していた平尾勇気、急性気管支肺炎と急性腸炎だった「今は治療に専念」

緊急入院していた平尾勇気、急性気管支肺炎と急性腸炎だった「今は治療に専念」

 2017年7月に亡くなった作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の三男で歌手の平尾勇気(38)が4月30日、自身のブログを更新。28日に緊急入院したことを報告していたが、今回の精密検査の結果が、急性気管支肺炎と急性腸炎だったことを発表した。

 平尾は28日のブログで、全国ツアー名古屋公演の翌日から高熱が続き、救急車で搬送され緊急入院していたことを明かし「早く原因が分かるといいですが、まだ詳しくは分かっておりません」とつづっていた。

 30日のブログでは、『診断結果。』というタイトルでファンに状態を報告。「皆様、大変ご心配をおかけしております。精密検査の結果が出ました」と書き、病状を発表した。

 続けて「結果が分かり一安心しております」と安堵の言葉を述べ「早く元気になれるようにとにかく今は治療に専念致します。皆様もどうが、お身体をご自愛ください」と治療を優先するとしている。

オリコントピックス