アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 西島秀俊、実写映画『名探偵ピカチュウ』でピカチュウの吹替担当「プレッシャーで…」

西島秀俊、実写映画『名探偵ピカチュウ』でピカチュウの吹替担当「プレッシャーで…」

 俳優の西島秀俊が3日、都内で行われた大人気ゲーム『ポケットモンスター』の初のハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加。同作で名探偵ピカチュウの日本語吹替版を担当していることがサプライズで明かされた。

【写真】その他の写真を見る


 ピカチュウは、アニメ版の「ピカピカー!」といったこれまでのキュートなキャラクターとは対照的で、人間の言葉を話し、憎まれ口を叩きながらコーヒーが好きという中身は“おっさん”のような自称“名探偵”でライアン・レイノルズが声を担当しいている。

 この日、サプライズで西島が日本語吹替版のピカチュウを担当していることが発表されると大歓声。“ピカ島秀俊”と紹介されると照れ笑い。オファーの感想を問われると「プレッシャーで…。必死で一生懸命やらせていただいた」と振り返った。

 また、実写化されたポケモンにも魅了されたといい「ポケモンたちがかわいくて見とれて…。人間と暮らしているのもチャーミングでした」と話していた。さらに、これまでのポケモンとの関わりを聞かれると「ポケモンGOがはやって。僕もトコトコ歩きました」と笑顔を見せていた。

 主人公・ティム役の日本語吹き替えを俳優の竹内涼真が、ルーシー役の日本語吹き替えを女優の飯豊まりえが務めている。飯豊はピカチュウを西島が務めることを教えられていなかったそう。試写のエンドロールで知ったと明かし「ドッキリでした」と話していた。

 同作は、大人気ゲーム『ポケットモンスター』に登場する人気キャラクター・ピカチュウを題材にしたゲーム『名探偵ピカチュウ』が原作。主人公のティム・グッドマンが、ライムシティという街を舞台に、相棒のピカチュウと一緒に謎を解きながら、事件に巻き込まれた父親を探すミステリーアドベンチャーとなっている。

関連写真

  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつ(左から)西島秀俊、竹内涼真、飯豊まりえ
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した竹内涼真(C)ORICON NewS inc.
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した飯豊まりえ (C)ORICON NewS inc.
  • ハリウッド実写映画『名探偵ピカチュウ』の初日舞台あいさつに参加した西島秀俊 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス