アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 岡田准一、ドイツの名城で『白い巨塔』ロケ「『ハンパないって』と言ってもらえたら」

岡田准一、ドイツの名城で『白い巨塔』ロケ「『ハンパないって』と言ってもらえたら」

 俳優の岡田准が、5月22日から26日まで放送される一テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』のロケででドイツを訪れた。今回、ドイツ三大名城のひとつであり、ドイツで最も有名な城趾の一つでもあるハイデルベルク城で日本のクルーとしてが初めてロケを敢行した。

小雪がちらつく極寒のなか、大勢の現地キャスト・スタッフを含め日本語、英語、ドイツ語が交互に飛び交う撮影現場で岡田は現地のキャストとも積極的にコミュニケーション。ドイツ語のセリフについてもコーディネーターに確認をするなど熱心に撮影に励んだ。

 教授選を終え、晴れて浪速大学医学部第一外科の教授へと上り詰めた財前五郎(岡田)は、ドイツで行われる国際医療外科学会に招待され、渡独。現地で講演と手術のデモンストレーションを行うこととなる。物語の中でも中盤の重要なポジションを占めるこのシーン。岡田いわく、財前にとって「一番ギラギラしている、いわば全盛期のような時期」であり「ドイツに学会とオペで招待されるのは栄誉なことなので、その背景も踏まえてロケに臨みました。実は東京でほとんどの撮影を終えてこちらに来たので、ちょっとご褒美のような感じだったんです(笑)」と話す。

 ドイツ語は「現地で通訳の方に教えてもらいながら少し練習をしました。ドイツの俳優のみなさんともご一緒しましたが、言葉がわからない中でもお互いにコミュニケーションをとりながらお芝居ができて、とても楽しかったです!」と充実の表情。「ドイツには大迫勇也選手や長谷部誠選手のように活躍しているサッカー選手がたくさんいますよね。大迫選手といえば『ハンパないって』ですが、今回の『白い巨塔』も『ハンパないって』と言ってもらえたらいいですね! どんな風に現代版にアレンジされているか、ぜひ見ていただけたらと思います」と呼びかけた。
 
 撮影での岡田の姿を見たドイツの撮影プロデューサーは、その圧倒的な存在感と演技力を絶賛。岡田自身も海外での仕事について、「日本の作品のクオリティーも世界基準を目指していくのが理想的ですし、そういう意味でも国内外問わず仕事をしていきたい」と意欲を見せていた。

岡田准一 コメント



「ドイツにこの作品で撮影に来られたことはうれしかったです。ドイツでのシーンは財前にとっても、教授選を終え、海外に呼ばれて行く、という一番ギラギラしている、いわば全盛期のような時期。ドイツに学会とオペで招待されるのは栄誉なことなので、その背景も踏まえてロケに臨みました。実は東京でほとんどの撮影を終えてこちらに来たので、ちょっとご褒美のような感じだったんです(笑)。日本のクルーとして初めてハイデルベルク城で撮影をしたのですが、すごく趣があっていい雰囲気でした。

あらためて財前というのは、魅力的な役だと思います。もっとも勢いのあるところから追い込まれていくところまである、濃厚な人物。『白い巨塔』という名作に挑もうとする監督・スタッフの気持ちが強いので、戦いがいのある財前という役を味わいつくそうと思って現場に入っていました。現代版の『白い巨塔』を作る意味、財前五郎を演じる意味、そして山崎豊子さんが描く人間ドラマを、どう現代に落とし込んでいけるかを考えながらの数カ月間だったように思います。

現代の巨大な権力争いの中で、そこを這い上がっていこうとする高い志を持った財前。志強くあがいていく男をどう見せるか、人間の面白みを感じました。相手をおもんばかることが当たり前の時代に、ギラギラと権力を手に入れようとした財前は魅力のある男だと思います。『白い巨塔』の財前五郎という役のオファーをいただけることを想像もしていなかったので、自分にとってもチャンスでやりがいのある役でした。

ドラマのクライマックスとなるシーンを撮影しているとき、現場で監督をはじめスタッフの方々が泣いてくれたんです。財前はイヤな男に見えるように演じてきたのですが、たとえそんな男でも、スタッフが愛情をもって一緒に役柄を作ってくれたことに感激しました。

ドイツ語は現地で通訳の方に教えてもらいながら少し練習をしました。ドイツの俳優のみなさんともご一緒しましたが、言葉がわからない中でもお互いにコミュニケーションをとりながらお芝居ができて、とても楽しかったです!

ドイツには大迫勇也選手や長谷部誠選手のように活躍しているサッカー選手がたくさんいますよね。大迫選手といえば「ハンパないって」ですが、今回の『白い巨塔』も「ハンパないって」と言ってもらえたらいいですね! どんな風に現代版にアレンジされているか、ぜひ見ていただけたらと思います。

日本の作品のクオリティーも世界基準を目指していくのが理想的だと思っていますし、そういう意味でも国内外問わず仕事をしていきたいと思っています。」

オリコントピックス