ドラマ&映画 カテゴリ

古田新太、“断らない”役者の美学「やれと言われたからやっているだけ」

 俳優・古田新太(53)が、再び強烈な役柄にチャレンジする。20日よりスタートする日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)で演じるのはゲイで女装家の高校教師・原田のぶお(52)。おかっぱヘアに原色のファッション、メイクもばっちりでインパクト絶大なビジュアルに変身しても、本人は「ドレスとかボンテージとかいろいろやっているから女装に対しては別段なんとも思わない」とひょうひょうとしている。ハードボイルドだったり破天荒だったりとさまざまな役を乗りこなし、誰もが認める“個性派俳優”の古田に話を聞くと、そこには“断らない”という一種の美学があった。

【写真】その他の写真を見る


■「『はい』と言える人が役者」ユルさのなかの信念

 物語は原田のぶおが私立・豪林館学園高校に赴任してくるところから始まる。生徒たちは「やばいおじさん」だとぶしつけな態度を示し、のぶおを疎ましがるが、ゲイの女装家として酸いも甘いもかみ分けた人生経験を持つのぶおはその独特の価値観で、生徒たちの心を開放していく…という斬新な学園モノである。だが古田は「誰の企画? 誰が喜ぶんだ…? 土10でこれじゃ数字とれないぞと思いました」と軽口を叩く。

 そう言いながらもバッチリ決まった“のぶおスタイル”。変身時間は45分ほどでマットの水色のネイルがひときわ目を引き、指先まで女装家になりきっている。ただし、今回あくまで女装家。女性ではない。

 「だからなるべくシナを作ったりしないように。(ゲイバーで働いていた)お店時代の名残でそういう言葉遣いをしても、本来は男の人なんです。おうちだとだらっとしているし。お店ではそうしていたとしても普段の生活や学校では女性になりたい人ではない」。

 これまでも数多くの印象的な役を演じてきた古田でもこれほど吹っ切れた役どころは珍しい…と思いきや。

 「『四つ葉神社ウラ稼業 失恋保険〜告らせ屋〜』というドラマがあったんですけどその時はオカマで巫女(笑)。「どれだけ複雑や」って(笑)あとは篠原涼子になったり、ネイティブアメリカンになったりとか(笑)『今回の役はインディアンです』と言われて『わかりました』と…」。

 このほかにも象、カワウソとまさかの動物まで強烈キャラは数知れず。

 「今回も『ゲイの女装家を古田さんで是非』とお話をいただいて『別にスケジュール空いているなら良いよ』って決まりました。クランクインするまでに全話脚本があることも少ないので、いつも大体同じです。自分に来たものに応えていくだけ」と平然としている。例え、自分に宛書された役でも普段とモチベーションに変わりがないそう。「始まっちゃったら一生懸命、監督のニーズに応える。あとは場が和めばいい」」と言い切る。

 「求められているならやりますよって話で、自分から個性派俳優を名乗ったことはないです。今回はオーデションで勝ち取った役でもないですし、『やれ』と言われたからやっているだけで思い入れもないです。役者って仕事は断っちゃいけないと思うんです。これを演ってくださいと言われたら『はい』と言える人が役者だと思うから、僕はこんな役がやりたいと言っているうちは駄目じゃないですか。

 監督のいうことを聞くことが役者の仕事。自分から『挑戦』という意識はないです。そこから飛び降りてと言われたら、『ハ〜イ、じゃあ安全の確保お願いします』というくらいです(笑)。できませんというのは俳優として間違っている気がします」。

■目の前の客を笑わせる“現場至上主義”「お茶の間のことは考えていない」

 “断らないこと”。自分に来たものを全うする姿勢をとりながらも、彼が仕事をする上でもう一つ、舞台出身の古田はなによりも“現場”を大切にしている。

 「この役でいえば、生徒たちを笑わすことが面白い。笑っちゃいけないシーン、『このおじさん、嫌だ』と思っている生徒を笑わせようとしています。何人か吹いて『駄目だよ、笑っちゃ』。監督に怒られる(笑)。元々、音声やカメラマンが笑えばいいと思っているので、お茶の間のことは考えていないです。カメラマンが手持ちカメラでぷるぷるしているのを観るのが演っていて楽しい。

 舞台出身なので目の前のお客さんが笑っていないと不安になるんです。お茶の間の向こうを笑わせようというのが向いていない。その場にいる人たちに楽しんでもらいたい。泣きのシーンも一緒で、控えている照明さんが泣けたとか言ってくれたらそれでいい。あとは編集でヨロシクって感じです(笑)テレビで観る映像は立体じゃない。舞台だと客が寝ていたら起こしにいけますけど、テレビだったら照明サン、音響サン、メイクさんなどがつくってくれた世界で、あとは監督さんに言われた通りに動いてある一定のラインに達していればいいと思うくらいユルく考えています」。

 その一方で、「キャラクター的に言い回しに違和感を覚えたときは『ここ変えていいですか』とかいいますね」という。「例えば、きょう撮影したセリフで言ったら…『ほんと、失礼』というせりふを『感じ悪〜』でもいいですか?って。前者のせりふだと生徒たちを完全に否定してしまっている感じがするから提案させていただきました。

 1話を撮り終わってのぶおのキャラクターを演っていくと、現場を見ていない脚本家の方の描き方と自分のなかで若干のズレが生まれます。連ドラは一話ごとに成長していってしまう。脚本とのズレは出てくるんですよね。そうなってくるとこっちの言い回しの方がのぶおっぽくないですかとか言うことはあります。台本が進んでいくにつれて『え!そういうことする人だったんだ!』ってパターンもあります。全然キャラクターが違ってきたぞと。それが面白いときもあるし、びっくりするときもある。今回はどうなるんでしょうね(笑)」。

 1話完結のストーリーではあるが、続けて観ることで新たな発見も生まれそうだ。

■生徒たちは「カワイイ」現場に対するおっきな愛情

 また、今回の現場の大きな特徴が数多くの若手俳優たちとの共演。“先輩”として古田は彼らをどう捉えているのか。

 「頑張ってますよ。まぁ下手は仕方ないけどもっとリハーサルを演らせてあげたいとは思います。テレビドラマは瞬発力勝負なので、場数を踏んでいるやつが強いに決まっている。そうなると今回の学生は15歳から24歳位までなんですけどドラマ初出演の子もいるし、そういう子たちはリハーサルでなるべくイジってあげて、リラックスしてほしいなと。

 例えば永瀬廉とか長尾謙杜とか一生懸命やっているから、まだまだな部分はあるけどその一生懸命さがちゃんと伝わる術、『ここで一回視線を外してみな』とか『苦しかったら、その前でブレスを入れて大丈夫だから間をこだわるな』とかはアドバイスします。まずレンズの前で自由にする。自由に息をすることを覚えようねと。

 自分が若手だった頃と比べると、オイラは舞台屋だから声ちっさいな〜お前ら、みたいなね(笑)。『聞こえねーよ』と。感情入れるとみんな小さくなるんですよね。でも生徒たちはカワイイ。(第2話の)チア部の顧問としてのシーンを撮っていますがチア部の生徒たちをカワイイなと思うようになりました。『怪我すんなよ』とかね。

 みんなミニスカートで外出ているけど撮っている人は防寒具付けているわけですから。いくら若い女優さん、俳優さんであってもケアはしましょうよと。そう言っていても、どうしても忘れられがちなので、オイラが言うようにすることはあります。スタッフ・キャストが一体となってドラマをつくっているので、いいパフォーマンスをするために自分が間に立つことはあります」。

 最後に一番のみどころを聞いてみると考えながら「う〜ん、(同僚教師役の)白石麻衣ちゃんがカワイイ!」と即答。のぶおは奇天烈(キテレツ)な先生だけど、生徒への愛や優しさにあふれるキャラクター。ユルくみえて、現場への大きな愛情やこだわりを人一倍持っている古田はまさにハマり役だろう。

関連写真

  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)でゲイの女装家・原田のぶおを演じる古田新太 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)でゲイの女装家・原田のぶおを演じる古田新太 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)でゲイの女装家・原田のぶおを演じる古田新太 (C)ORICON NewS inc.
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 日本テレビ系連続ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(毎週土曜 後10:00)第1話場面カット(C)日本テレビ
  • 20190417NW00159.JPG

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索