アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『きのう何食べた?』志賀廣太郎の代役に田山涼成 緊急手術受け降板

『きのう何食べた?』志賀廣太郎の代役に田山涼成 緊急手術受け降板

 俳優の志賀廣太郎(70)がテレビ東京系ドラマ『きのう何食べた?』(毎週金曜 深0:12)を体調不良で降板したことを受け、田山涼成(67)が代役を務めることが同局の公式サイトで11日、発表された。

【写真】その他の写真を見る


 志賀は、脳血栓がみつかり6日朝に緊急手術を受けていた。まひなどの症状がみられ脳梗塞の疑いも報じられたが、所属事務所によると診断の結果、脳梗塞の状態には至っておらず、1週間ほど入院して様子をみるとしていた。9日、大事をとって同ドラマの降板が発表されていた。

 田山が志賀に代わり演じるのは西島秀俊(48)演じる主人公の父親・筧悟朗役。なお、志賀で撮影済みの分については予定通り放送される。

 同作は、よしながふみ氏の漫画(講談社『モーニング』連載中)を、西島秀俊・内野聖陽のダブル主演でドラマ化。街の小さな法律事務所で働く雇われ弁護士の筧史朗(西島)と美容師の矢吹賢二(内野)。ふたりは“シロさん”“ケンジ”と呼び合う恋人同士。2LDKに男2人暮らし。食費は月2万5000円。ほろ苦くもあたたかい2人の毎日と、日々の食卓を描く物語。

関連写真

  • 田山涼成 (C)ORICON NewS inc.
  • 志賀廣太郎、『きのう何食べた?』降板 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019