• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 『第27回橋田賞』決定 大泉洋、菅田将暉、安住アナら

『第27回橋田賞』決定 大泉洋、菅田将暉、安住アナら

 日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に対して顕彰助成する『第27回橋田賞』の受賞作品および受賞者が3月31日、発表された。最高賞の橋田賞大賞は該当なし。橋田賞は個人で受賞した山田洋次監督、大泉洋菅田将暉を含め9件、橋田賞新人賞は『半分、青い。』(NHK)での演技を評価された永野芽郁に決定した。橋田賞各賞と受賞理由は次のとおり。

【橋田賞大賞】該当なし

【橋田賞】山田洋次(脚本家・映画監督/やまだ ようじ)
本年度の『あにいもうと』(TBS)の脚本に対して。
兄と妹の複雑な情愛を軸に、相手を思うが故の厳しさや、家族だからこその甘えの美しさ、難しさを温かくユーモラスに映し出しながら、兄妹が新たな人生を歩んでいけるという新たな結末を描き、多くの視聴者の共感を得た。

【橋田賞】松坂慶子(俳優)
本年度の『西郷どん』(NHK)での隆盛の母親役や、『まんぷく』(NHK)における主人公の母親役の圧倒的な存在感と魅力的なキャラクターが、多くの視聴者の支持を得た。

【橋田賞】内藤剛志(俳優)
『警視庁捜査一課長』や『科捜研の女』シリーズ等において、誠実で正義感が強く人情味あふれる刑事役をそれぞれ見事に演じ分け、安定した人気を獲得し多くの視聴者の支持を得た。

【橋田賞】大泉洋(俳優)
本年度の『あにいもうと』の演技に対して。
妹への過剰な愛情からつい衝突してしまう、家族思いの昔ながらの大工という役柄を、丁寧にまた時にはコミカルに生き生きと演じて多くの視聴者の共感を得た。

【橋田賞】宮崎あおい(俳優)
本年度の「あにいもうと」の演技に対して。
役柄のために大型免許を取得したり、本気で兄とぶつかりあったり
徹底した迫真の演技で多くの視聴者に感動を与えた。
              
【橋田賞】岡田将生(俳優)
本年度の『昭和元禄落語心中』(NHK)の演技に対して。
落語を語るばかりでなく、若い頃から幽玄な老年までを熱意と努力で演じ切り、有楽亭八雲の生きざまを見事に表現して高い評価を得た。

【橋田賞】菅田将暉(俳優)
本年度の『トドメの接吻』(日本テレビ)、『dele』(テレビ朝日)等における才気にあふれた演技は群を抜いており、多くの視聴者の支持を得た。
            
【橋田賞】安住紳一郎(TBSアナウンサー)
『ぴったんこカン・カン』などのバラエティから『新・情報7days ニュースキャスター』等の報道番組まで幅広く活躍し、人と人とのつながりを大事にしながら自分の言葉で情報を発信する姿勢が多くの視聴者の支持を得た。

【橋田賞新人賞】永野芽郁(俳優)
本年度の『半分、青い。』(NHK)の演技に対して。
ハンディキャップを背負いながら、失敗を恐れないバイタリティで挫折と回り道を重ねながら懸命に生きるヒロインの40年に及ぶ人生を類いまれなる表現力で演じきった。
             
 なお受賞者には、置時計と副賞として賞金100万円が贈られる。授賞式は5月10日都内で行われる。

オリコントピックス

 を検索