アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 高視聴率で幕閉じたドラマ『3年A組』、平均満足度も今期最高を記録 SNS時代へのメッセージも高評価

高視聴率で幕閉じたドラマ『3年A組』、平均満足度も今期最高を記録 SNS時代へのメッセージも高評価

 今期“冬ドラマ”のなかでも異彩を放ち話題を集めた、菅田将暉主演の日本テレビ系『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』。先日、3月10日に放送された最終回は、平均視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となり、15年4月に新設された同局「日曜22時30分」枠のドラマとしては最高の最終回視聴率を記録した。週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』による視聴者満足度調査「オリコン ドラマバリュー」でも、最終回の満足度が100Pt満点中81Ptと好数値をマーク。満足度の全話平均は80.3Ptとなり、今期連ドラのなかでも現時点でNo.1の平均満足度を記録している(1位『3年A組』、2位『相棒』:79.7Pt、3位『初めて恋をした日に読む話』:76.5Pt)。

【写真】その他の写真を見る


◆菅田と生徒キャストとの“演技バトル”が、スリリングな物語の極上のスパイスに

 本作は高校卒業まで残りわずかとなったある日、菅田演じる主人公の教師・柊一颯が担当生徒29人を人質にとり、自殺した生徒・影山澪奈(上白石萌歌)が追い詰められた理由を明らかにするため「授業」を行っていく、謎と事件が絡み合う衝撃の学園ミステリー。映画『クローズZERO』シリーズで学園ドラマのヒット経験も持つ武藤将吾氏による、オリジナル脚本の物語だ。

 ドラマバリューは、“こと”の始まりとなる第1話が66Ptでスタートした。2話目以降は、一颯の過去や生徒たちの素顔、事件の謎が徐々に明らかになっていく展開となり、狂気と熱をはらんだ菅田の迫真の演技、そんな菅田と対峙する永野芽郁、望月望、神尾楓珠川栄李奈片寄涼太福原遥今田美桜ら生徒役キャストとの「演技バトル」が視聴者を魅了。2話目で81Ptに急上昇して以降は、80Pt前後の高水準をキープし続けた。

 最高ポイントを記録したのは、第7話の92Pt。第6話から物語の「第2章」が幕を開け、物語の革新に迫っていく急展開が改めて視聴者の心をグッと引きつけた。最終回で全話を通して最高の平均視聴率を獲得できたのも、中だるみしがちな中盤から終盤にかけての展開がしっかりと見応えのある内容となっていたことが大きいのではないだろうか。

◆SNSによる暴力の恐ろしさを熱弁 菅田将暉の“熱演=授業”に視聴者も涙

 10日放送の最終回では、ついに澪奈の死の真相が明らかに。放送以来隠されていたその事実はもちろんだが、強く視聴者の心を打ったのは、先生としての使命を全うするべく教鞭を執る一颯演じる菅田将暉の熱演、そして本作の真の主題として置かれていたSNS時代に向けたメッセージだ。

 主演を務めた菅田は、それまではどちらかというと生徒役キャストの魅力を“引き出すこと”を意識している印象が強かったが、ラストは初の先生役に挑戦した菅田が本領を発揮。視聴者からは、「一颯先生の魂の叫びは、涙なしには聞いていられなかった。テレビを観ながらこちらが授業を受けているみたいだった」(30代女性/東京)、「菅田さんの熱演に心震えた」(10代女性/神奈川)、「菅田さんの演技が本当に私たちに語りかけているようで、言葉がとても心に刺さりました」(10代女性/東京)とのコメントが目立った。

 そして、そんな菅田演じる一颯が訴えたSNSの“陰”については、「現代に対して訴えかける強いメッセージがあってとても良かった。最終話で一気に“私ごと”になった」(30代女性/東京)、「SNSの集団心理の問題を真っ正面から取り上げた、とても意味のあるドラマだったと思う」(50代男性/東京)、「SNSの暴力に対してしっかりと伝えてくれた点も良かった」(20代女性/埼玉)というように、同作を社会派ドラマとして評価する声が多数寄せられている。

 誰もが経験のある学校生活を描きながらも、非現実的な展開の数々に最終回を迎えるまでは物語に対して共感が得られなかったという視聴者は少なくないはず。しかし、あえてフィクションに振り切った展開をジャブのように打ち続けてきたからこそ、真のメッセージが菅田の熱演によって視聴者の心に強く響いたと言えるだろう。

 同ドラマ枠では、前18年10月期に賀来賢人主演の『今日から俺は!』を放送したが、全くことなるアプローチにより2期連続で“学園ドラマ”の新たな魅力、可能性を提示してみせた。



関連写真

  • 菅田将暉主演の『3年A組―今から皆さんは、人質です―』は、視聴率に加え視聴者満足度でも好成績を収めた (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ
  • 『3年A組―今から皆さんは、人質です―』より (C)日本テレビ

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年3月18日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年3月18日号

<COVER STORY>
パク・ジニョン氏(JYPエンターテインメントCOO)
オーディションの選考基準は「才能より心」
芸能活動のための品格教育は重要

<SPECIAL ISSUE 1>
ライブ産業の未来を共有した3日間
「第6回ライブ・エンターテイメントEXPO」

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 2月度

お問い合わせ

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019