アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『トレース』“科捜研メンバー”が撮了 小雪「すごく良い作品を作り上げているな」

『トレース』“科捜研メンバー”が撮了 小雪「すごく良い作品を作り上げているな」

 人気グループ・関ジャニ∞錦戸亮が主演するフジテレビ系連続ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(毎週月曜 後9:00)の18日放送最終回(90分SP)を前に、科捜研の法医科長・海塚律子を演じた小雪、相楽一臣を演じた山崎樹範、水沢英里を演じた岡崎紗絵、市原浩を演じた遠山俊也ら“科捜研”メンバーがそろってクランクアップを迎えた。

 約3ヶ月間撮影を行った科捜研のセットで最後の撮影を終えた小雪は、キャスト・スタッフを前に「ありがとうございました。テーマはとても重い話でしたが、スタッフ・キャストのみなさんが一丸となって、すごく良い作品を作り上げているなと感じています」と充実の笑みを浮かべ、「あと少し、みなさん走り続けなければいけない状況だと思いますが、みなさんが最後まで元気で撮影を終えられるように願っています」とエールを送った。

 そして、山崎は「懐かしい方にもたくさん会えましたし、やっぱり連ドラって楽しいですね! ありがとうございました」と周囲に感謝を述べ、岡崎は「お世話になりました。本当にすてきなキャストのみなさんとスタッフのみなさんに囲まれて、毎日幸せな時間でした。ありがとうございました!」と達成感。遠山は、「優しくしてくれて本当にありがとうございました! みなさん本当に大変な時だと思いますが、あとちょっと頑張って下さい!」とそれぞれコメント。

 科捜研のセットが拍手で包まれると、最後はまだ撮影が続く錦戸と新木優子船越英一郎も加わり写真撮影を行い、別れを惜しんでいた。最終回ではいよいよ真野(錦戸)が追い続けてきた『武蔵野一家殺人事件』の真相が明らかに。真野の家族を殺害した真犯人は誰なのか―。すべての謎が解き明かされる。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019