“顔出し”しないアーティストが続々 コンテンツ過多時代に音楽を届ける最短コース

近年、ヨルシカやずっと真夜中でいいのに。、Eve、美波、三月のパンタシアといったいわゆる“顔出し”をしていないアーティストが、YouTubeで1000万回を超える再生回数を記録し、配信サービスやサブスクリプションサービスの上位にランクインしている。彼らに共通していえることは、アーティスト自身のビジュアル面を隠し、映像・音楽・歌詞(文字)で視覚的に楽曲を訴求させていることで、音楽を届け方にも変化が見えている。

◆“顔出し”...

オリコントピックス

メニューを閉じる