アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 内田理央、“バズる”ヒロイン役でドラマ主演「まさか?という気持ち」

内田理央、“バズる”ヒロイン役でドラマ主演「まさか?という気持ち」

 女優の内田理央が、4月4日スタートの読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『向かいのバズる家族』(毎週木曜 後11:59)で主演を務めることが、わかった。SNSと家族をテーマに据えた同作で、内田はある動画がきっかけで『バズる』ことになったヒロイン・篝(かがり)あかりを演じる。内田は「最初、主演ドラマときいて、まさか?という気持ちでした。今この時期に、この枠の連ドラで主演できるっていうのは想像していなかったので驚きました」と喜びのコメントを寄せている、

 SNSをめぐる家族の崩壊と再生を描く、新しい形の家族ドラマ。主人公でカフェの店長を務めるあかりは、真面目で周囲からの評判も良い女性だが、実はまったく違うもう一つの人格を持っていた。そのことは家族や友人、同僚にも絶対に秘密だった。そんなあかりが、思わぬ出来事、ある動画がきっかけで「バズる」ことになり、突然「インフルエンサー」への坂道を登っていくことから物語は始まる。

 そしてあかりの家族、両親と弟も一見幸せそうに見える裏では、投稿した動画がバズったり、リアルでの仕事が批判されて炎上したり、正義を振りかざしバトルを繰り広げたりと、一人一人がSNSの世界にのめりこんでいき、やがて家族の平穏に異変が起こる…。

 あかりは明るくて人当たりのいい表向きの顔と、夜な夜な黒いバッグを抱え向かう場所があり、ダークサイドな裏の顔を持つ二面性のあるヒロイン。劇中で内田があかりとして披露する“謎のパフォーマンス”も、毎回の見どころとなる。

 脚本を手掛けるのは、コメディー作品でヒット作を生んできたマギー。監督は、映画『デイアンドナイト』が話題を呼んでいる藤井道人氏が務める。今や誰にとっても不可欠なものとなっているSNSは、リアルでは表に出せない承認欲求や自己顕示欲が渦巻く空間でもある。同ドラマではSNS内に別人格を持つことによって、現実の人間関係や一番身近な家族との関係性にも影響を及ぼすという、現代ならではの、おかしくも刺激的な物語が繰り広げられる。

 2017年放送の同枠ドラマ『恋がヘタでも生きてます』ではイジワルで小悪魔な受付嬢を体当たりで演じた経験もあり「自分の殻をひとつ破れた思い出深い作品だったので、今回、その同じ枠で主演させていただけるのはすごくうれしいです」としみじみ。「家族ものは最近少なかったし、その中でも今話題の『炎上』だったりとか『バズること』とか…SNSっていうものに家族全員が翻弄されていくっていうお話は、ありそうでなかったと思ったので、すごく面白いなと思いました」と今回さの作品の魅力を語る。

 「今の時代、みなさんSNSは何かしらされている方が多いと思うのですが、このドラマはそのSNSの楽しさだったり、怖さだったりを自分の経験と重ねて楽しんで頂ける作品だと思います。ぜひ携帯をピコピコしながら見て頂きたいなと思ってます。どうかバズらさせて下さい(笑)」とタイトルを引き合いに茶目っ気たっぷりにお願いしていた。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019