アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 杉本彩、ダンスから得た表現力「スピリットを一番投影できる」 エレガントな所作はタンゴから

杉本彩、ダンスから得た表現力「スピリットを一番投影できる」 エレガントな所作はタンゴから

 女優の杉本彩(50)が6日、都内で行われた、フラメンコダンサー・SIROCOと初共演するダンスコラボレーションステージ『NOCHE EXTATICA』公演前の囲み会見に出席。ダンスを通して表現者として成長できた部分や、躍ることの魅力について熱弁した。

【写真】その他の写真を見る


 同公演は、杉本と国際コンクール『アニージャ・ラ・ヒターナ・デ・ロンダ』(2017年)にて日本人男性舞踊手として初の優勝を果たし、日本とスペインを股にかけて活躍するSIROCOとの共演ステージ。杉本のアルゼンチンタンゴ、SIROCOのフラメンコが初共演する。

 ダンサーとしての杉本についてSIROCOは「アルゼンチンタンゴをやる杉本さんを見て、圧倒的な今まで見たことのない存在感があった。うまい人は山ほど居るけど、光る人はそんなにいない」とベタ褒め。これを聞いて杉本は「うれしいです」と照れながら、30歳の時にタンゴの先生から言われたエピソードを披露。

 「『あなたはね、立っているだけでタンゴなんだから、その立ち姿を活かした方が良い』と言われて」と笑いながら「言葉のない表現の世界なので、『すごい大切なこと』だと思い、いつも心がけています」と伝えた。

 女優業はもちろん、テレビ番組の企画で社交ダンスをしてきた杉本。表現する者としてダンスを選択した理由は「自分が本来持っているスピリットを、一番投影できるのがダンスだった」と告白。

 「映画やドラマは、プロデューサーや監督の物だったりするわけで、その中で一つの役を演じる。ダンスの場合、ステージに(1人で)立たされたら、無条件に自分の魂からあふれて来るものを『表現していい』と許されている。貴重なジャンルだと思います」と熱弁した。

 「表現者としてほかの俳優仲間にダンスを勧めたい?」と質問されると「ダンスから学んだことはたくさんある。やっていて損なことは一つもない。エレガントな動き、振る舞いなど表現者だけでなく、一人の女性として得たものもあるので、どんな人にもオススメしたい」と、生活や仕事に活かされると伝えた。

 ステージは、東京・伊勢丹会館「Tablao Flamenco GARLOCHI」で4月7日に上演される。



関連写真

  • 30歳の時にタンゴの先生から言われたエピソードを披露した杉本彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ダンスコラボレーションステージ『NOCHE EXTATICA』公演前の囲み会見に出席した(左から)SIROCO、杉本彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ダンスコラボレーションステージ『NOCHE EXTATICA』公演前の囲み会見に出席したSIROCO (C)ORICON NewS inc.
  • ダンスコラボレーションステージ『NOCHE EXTATICA』公演前の囲み会見に出席した(左から)SIROCO、杉本彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ダンスコラボレーションステージ『NOCHE EXTATICA』公演前の囲み会見に出席した(左から)SIROCO、杉本彩 (C)ORICON NewS inc.
  • ダンスコラボレーションステージ『NOCHE EXTATICA』公演前の囲み会見に出席した(左から)SIROCO、杉本彩 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019