アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 浜野謙太、伊藤博文役で『西郷どん』から『いだてん』へ異例のリレー出演

浜野謙太、伊藤博文役で『西郷どん』から『いだてん』へ異例のリレー出演

 3日にNHKで放送された大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の第9回「さらばシベリア鉄道」に、伊藤博文役で浜野謙太が出演。浜野は昨年の大河ドラマ『西郷どん』に伊藤俊輔(博文)役で出演(大河ドラマ初出演)。第9回の演出を担当した大根仁氏は「『西郷どん』から『いだてん』にタスキをつなぐ役割をハマケンに担ってもらった」と、明かしている。

 『西郷どん』の主人公、西郷隆盛が明治維新を成し遂げた後、西南戦争で亡くなったのが明治10年(1877年)9月24日。『いだてん』の主人公の一人、金栗四三は、明治24年(1891年)8月20日に、西南戦争の激戦地・田原坂からも程近い熊本県玉名郡春富村(現・和水町)で誕生した。

 四三が日本人初のオリンピック選手としてストックホルムに旅立ったのは、明治45年(1912年)5月。新橋から列車で敦賀まで行き、敦賀港から日本海を渡ってウラジオストックへ。そこからシベリア鉄道に乗り、満州のハルピンで一時停車。そこは3年前の明治42年(1909年)10月に初代内閣総理大臣・伊藤博文が暗殺された地でもあった。

 大根氏は、ハルピンのシーンで「伊藤博文が撃たれた瞬間のシーンを入れようと思って。それなりの年齢の方に旧千円札のような特殊メイクで演じてもらってもよかったんですが、『西郷どん』で隆盛も大久保もみんな亡くなる中、伊藤博文は死ななかったから、最期を看取ってやろうと。そういうユーモアがあってもいいかな」と、明かしていた。

 浜野は自身のツイッターで総合テレビでの放送前に「一瞬なのでお見逃しなく〜。」と投稿。伊藤博文が銃弾を撃ち込まれるシーンが放送されると、大根氏が「ハルピン、ハマケン。以上です。」とツイートしたおとり、まさに一瞬だった。

 第9回では、四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)ら、日本初のオリンピック選手団がストックホルムに向かってシベリア鉄道で大移動する17日間の旅が描かれた。不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れる中、監督の大森兵蔵(竹野内豊)と安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)のハネムーンのような態度、初めて触れる外国人の横柄さに、さすがの四三も不満を爆発させるが、弥彦との友情が芽生えるきっかけにもなった。

オリコントピックス