• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 【まんぷく】クランクアップ、安藤サクラ「もう“まんぷく”」 長谷川博己は「終わった気がしない」

【まんぷく】クランクアップ、安藤サクラ「もう“まんぷく”」 長谷川博己は「終わった気がしない」

 NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(月〜土 前8:00 総合ほか)が27日、クランクアップを迎えた。NHK大阪放送局のスタジオで最終シーンを撮り終えた、ヒロイン・福子役の安藤サクラと福子の夫・立花萬平役の長谷川博己。安藤は「子どもと大阪に来て、子どもの成長を見ているとたった10ヶ月だけど、されど10ヶ月だなとすごく感じました」「もう“まんぷく”です」と、達成感をにじませていたのに対し、長谷川は「まだ終わった気がしませんね。全く。この後、僕は大河ドラマ(『麒麟がくる』)をやることになるわけで、だからまだ終わっていないという感覚なのかもしれないですけど」と、対照的だった。

 撮影終了のセレモニーで、「思いがいっぱい詰まっていて話はじめると1時間半はかかります(笑)」と、心に思っていること、あふれ出る思いを時間の許す限り語った安藤。

 「最後の最後まで萬平さんはアドリブで笑わせてくれまして、振り返ると本当にずーっと笑顔でいたなと。最後の最後までケラケラ笑って終えられて。楽しかったというのもあるし、自分の人生において重みのある時間になったというか。人生においてというと、まあたったの10ヶ月ですが、子どもと大阪に来て、子どもの成長を見ているとたった10ヶ月だけど、されど10ヶ月だなとすごく感じました」。

 充実した日々を振り返れば、脚本を担当した福田靖氏をはじめ、スタッフ・キャストらチーム『まんぷく』への感謝しかない。「福田先生が書いてくださった中で生きていると、豊かな気持ちになって。最初は不安をものすごく覚悟に変えて大阪に来て、でもすぐに大阪での生活もこの現場も自分の中で心地よい自分の居場所になって。それはこの『まんぷく』を作っているチーム・スタッフ・キャストの方々の温かさと愛情のおかげです。福田さんが描かれている役柄も本当にいとおしいキャラクターたち。そして希望に満ちあふれた『まんぷく』という物語の中で、だからこその特別な時間になったんだろうなと思います」。

 2017年6月に第1子となる女児を出産し、育児の真っ只中、朝ドラのヒロインを務められるのか、悩み、葛藤し、家族に背中を押されて決断したことを明かしていたが、「娘にとってもすごくスペシャルな時間になりましたし、私たち夫婦(夫は俳優の柄本佑)にとってもとってもいい経験になる素晴らしい時間でした。本当にみなさん愛にあふれていて、私は本当に濁りない気持ちで子育てができた」と語っていた。

 クランクアップしたら寂しさで泣いてしまうと思っていたそうだが、とびきりの笑顔を見せていた。「福ちゃんが『たちばな塩業』を解散するときに、『この時間をこれからの人生に活かしてください』って最後言うんですけど、私自身もこの時間をこれからの人生に活かしていかなければと思っています。まんぷくは超面白いドラマだなと思います。こんなすばらしい大先輩・スターの方々に囲まれて、こんなすばらしいぜいたくな時間はないです。もう“まんぷく”です。みなさまどうもありがとうございました!」と、長いスピーチを〆た。

■長谷川博己、気持ちは早くも次の大河『麒麟がくる』に向かっている

 一方、長谷川は「10ヶ月間お疲れさまでした。まだ終わった気がしませんね。全く」といい、それは「この後、僕は大河ドラマ(『麒麟がくる』)をやることになるわけで、だからまだ終わっていないという感覚なのかもしれないですけど」と、コメント。

 「でも今回は、本当に皆様に支えられたといいますか、甘えてしまった部分がありましたね。自分はこの長丁場に耐えられるのかなと思いながら撮影に挑んだわけですが、とにかく僕みたいに面倒くさい男を皆さまが支えてくださって。福ちゃんにもくだらないアドリブをいつも受けていただいて。このスタッフとキャストでなければこんな風に僕も素敵な時間を過ごすことはできなかっただろうなと今日改めて感じました」と、安藤やスタッフ、キャストに感謝。そして、「これから僕はちょっと違うところに旅立ちますが…」と、気持ちは早くも大河ドラマに向かっているようだった。

関連写真

  • 連続テレビ小説『まんぷく』夫婦役の安藤サクラと長谷川博己がクランクアップ(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン・福子役の安藤サクラがクランクアップ(C)NHK
  • 連続テレビ小説『まんぷく』ヒロイン・福子役の安藤サクラがクランクアップ(C)NHK

オリコントピックス