• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 竜星涼、井ノ原快彦の“助手”役に起用 初の関西弁にも挑戦「苦戦しながらも…」

竜星涼、井ノ原快彦の“助手”役に起用 初の関西弁にも挑戦「苦戦しながらも…」

 俳優の竜星涼が、3月26日放送のカンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』(後9:30※フジテレビ系)に出演することが、わかった。竜星が演じるのは植物研究者である鈴木重三郎(井ノ原快彦)の助手・吉田史郎。戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取って育てた重三郎と妻・誠子(上戸彩)の大家族の絆を描いたオリジナル作品で、吉田は微鏡で観察する植物細胞に優しく語りかけるほど研究熱心な重三郎が、養子を迎えたことにより話し方や性格など変わっていく様を見守る役どころとなっている。

 時代は太平洋戦争の真っただ中。戦局の悪化に伴い、ついに理系研究者の吉田にも召集令状が…。竜星は重三郎の父親としての成長を職場側から温かく見守る立場、そして戦争に運命を振り回される一市民として、吉田という人間を表現。出征前に鈴木家でわずかな酒を酌み交わす重三郎と吉田が、「家族」について本音で語り合う感動のシーンがみどころとなる。

 撮影を振り返り「井ノ原さん、上戸さんが作る子供たちとの家族の雰囲気がとても素敵で、本当の家族のように居心地が良く、戦時中という設定を忘れさせるような温かくてほっこりする現場でした」と和やかな模様を紹介。

 「重三郎が父親として成長し変わって行く姿を視聴者と一緒に吉田という人物で代弁していけたらと思いました。今作では苦戦しながらも初の関西弁にも挑戦しました。戦時中に、力を合わせて明るく生きた鈴木家に、自分の家族の温かみや、つながりを再確認してもらえたらうれしいです」とメッセージを寄せている。

オリコントピックス