ドラマ&映画 カテゴリ

『映画 賭ケグルイ』元・乃木坂の伊藤万理華ら4人が新規参戦「修行に行く気持ちで挑みました」

 女優・浜辺美波主演の『映画 賭ケグルイ』(2019年5月公開)のオリジナルキャラとして、宮沢氷魚福原遥、元乃木坂46伊藤万理華小野寺晃良の出演が7日、明らかになった。

 同映画は原作・河村ほむら氏、作画・尚村透氏による漫画『賭ケグルイ』(月刊『ガンガンJOKER』スクウェア・エニックス刊で連載中)をもとに描かれ、18年1月にドラマ化。さらに『season2』が3月31日からMBS・TBSドラマイズム枠で放送が始まる。

 物語は、ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める、政財界の子女が通う私立百花王学園を舞台に、この学園に転校してきた謎多きギャンブル狂で浜辺演じる美少女・蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)と、彼女に翻弄されながらも、ともに成長していく男子生徒・鈴井涼太を高杉真宙が演じる。

夢子のライバル・早乙女芽亜里(さおとめめあり)は森川葵が演じ、心理バトルが繰り広げられる。さらに、池田エライザが演じる学園を支配する生徒会長・桃喰綺羅莉(ももばみきらり)が率いる生徒会は、夢子を危険分子と考え全校生徒を巻き込んだ史上最大のギャンブルバトルの開催を宣言する。

 本作では、生徒会メンバーや夢子たちに対し、“非ギャンブル、不服従”を掲げる白装束の集団『ヴィレッジ』が登場。リーダー・村雨天音を演じる宮沢は映画初出演。村雨を支える幹部・歩火樹絵里(あるきび じゅえり)を福原が担う。制服を着崩し、紫のコートを羽織るアウトロー的存在の犬八十夢(いぬはち とむ)を伊藤、さらに生徒会やヴィレッジを調査し、スクープネタを探す学園の報道倶楽部所属の新渡戸九(にとべ きゅう)を小野寺が演じる。

 宮沢は「リーダー役を演じてみたかったので、現実になったことがうれしい。クールで感情を表に出さないですが、誰よりも仲間思い。共演者のみなさんは年齢が近く楽屋トークもかなり盛り上がりました」と笑顔。福原は「視聴者として楽しんでいたので、“この世界に入れるんだ!”と素直にうれしかったです」と出演を喜んだ。伊藤は「みなさんの熱量に圧倒されてファンになった作品。新境地で、修行に行くような気持ちで挑みました」とし、小野寺は「監督から『おっさんぽく』と言われたときは困惑しました」と笑い「声をかけてもらいながら楽しく撮影できました。実年齢とは離れた仕草などに注目してください」と見どころを語った。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索