アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 萩原聖人、7年ぶり“月9”出演「みなさんに温かく迎え入れていただいて感謝」

萩原聖人、7年ぶり“月9”出演「みなさんに温かく迎え入れていただいて感謝」

 俳優の萩原聖人が、11日放送のフジテレビ系連続ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(毎週月曜 後9:00)第6話で『私が恋愛できない理由』(2011年10月期)以来、7年4ヶ月ぶり“月9”に出演することが、わかった。萩原は、河川敷で遺体となって発見された男性の高校時代の担任だった早川尚文(なおふみ)役に起用。錦戸亮が演じる主人公・真野礼二の家族が殺害された事件にある関わりを持っている…という役どころを演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは累計40万部突破の大人気コミック『トレース〜科捜研法医研究員の追想〜』を実写化。原作者の古賀慶氏は、実際に科捜研で鑑定をしていた元研究員で、実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンス。この第6話では真野に近いある人物が、25年前、真野の家族が惨殺された事件を詳しく知っていたことも明らかに。真野の家族に何があったのか、隠された事件の真相とは。真野が次第にその真実に迫っていく。

 河川敷で初日の撮影を迎えた萩原は「昨夜は雪の予報だったのでどうなるかと思っていましたが、きょうは天気も良くて気持ち良かったです」と感想を述べ、「僕は途中参加で、役柄の立ち位置的にも少しアウェーでありながら、みなさんに温かく迎え入れていただいて感謝しています」と安堵する。

 主演の錦戸は今回が初共演となるが、真野とタッグを組むベテラン刑事・虎丸良平役の船越英一郎とは「僕が15歳の時にドラマで共演させて頂いたのが最初なんです。船越さんも覚えていて下さって、先ほどちょっとその話もしました。懐かしいですね。船越さんとはその後も共演させていただいていますが、正面を向きあってせりふをやり取りするのは、今回が初めてかもしれないです」と新鮮さも感じている様子。

 萩原はこのほかにも『学校へ行こう!LET‘S GO TO SCHOOL』(1991年4月期)などに出演。「7年前に出演した『私が恋愛できない理由』の助監督が今回のプロデューサーなので、撮影の合間に当時の思い出話をしていました、笑。月9と言えば恋愛ものがメインだったと思いますので、僕が出演した『学校へ行こう』は、いわゆる月9という感じではなかったですよね。僕は初めてのフジテレビの連ドラだったので、ガムシャラにやっていただけですね。懐かしいです」としみじみ振り返っていた。



関連写真

  • 11日放送の『トレース〜科捜研の男〜』第6話に出演する萩原聖人 (C)ORICON NewS inc.
  • 11日放送の『トレース〜科捜研の男〜』第6話に出演する萩原聖人 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス