ドラマ&映画 カテゴリ

橋本愛、女性監督ばかりのオムニバス映画を力説「この映画に何度も救われながら生きていく」

 女優の橋本愛が31日、都内で映画『21世紀の女の子』(2月8日公開)の完成披露先行上映会の舞台あいさつに参加。オムニバス映画で11人の女性監督と一緒に登壇した橋本は「この映画に何度も救われながら生きていく」と思いを熱く語った。

【写真】その他の写真を見る


 同作は『溺れるナイフ』で知られる山戸結希監督が企画・プロデュースを努め、自身を含む1980年代から90年代生まれの新進の映画監督15人によるオムニバス映画。この日は、その15人の中から山戸監督、井樫彩監督、枝優花監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督、首藤凜監督、竹内里紗監督、東佳苗監督、ふくだももこ監督、安川有果監督、金子由里奈監督という11人の監督が舞台あいさつに参加した。

 橋本は「すごく大きな思想だったり、哲学だったり、美学だったり、信念だったりが関わった人の数だけ集合して1つの映画となって、この世界に拡散していく。その現象の最初の、この場所に立てるのが光栄です」と笑顔を見せた。撮影は1日で終わったそう。「松本(花奈)監督は同じ女性であり、年齢が近いので同じ景色を見てきた。知らず知らずの感覚があって、男性監督の映画の現場に飛び込むときとは全然、違って最初から安心感があった。彼女が今、届けたいもの、撮りたいものをできるだけ私の中に落とし込んで、自分の表現としてお手伝いできればと思った」と撮影を振り返った。

 また、多くの若い女性が中心となって全てを作り上げている。橋本は「初めて見ました、こんな映画」と言い「大御所の男性監督が『映画は全て撮り尽くされて、出がらししか作れない』とおっしゃっていて、そうなのかと思った。でも、半分ある。撮られていない半分の最初の作品だと思う。まだまだ映画は長く続いていくという熱量があると思います」と力説。そして「何かをやるときに、できないんじゃないかと疑う心ってあると思う。その心を打ち負かす力が、この映画にはある。あなただけの自分を自分で信じる力を、この映画は与えてくれると思う。私も、この映画に何度も救われながら生きていくと思う」と力強く口にした。

 同作は“自分自身のセクシャリティーあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”が共通テーマ。各監督が8分の短編で表現する。各短編の主演には橋本をはじめ、朝倉あき、石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、黒川芽以m瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈が努めている。

■『21世紀の女の子』劇場公開記念6日連続舞台あいさつ
【第1弾】2月8日
キャスト:唐田えりか、日南響子、松井玲奈
監督:山戸結希/加藤綾佳、坂本ユカリ

【第2弾】2月9日
キャスト:伊藤沙莉、黒川芽以
監督:山戸結希/ふくだももこ、金子由里奈

【第3弾】2月10日
キャスト:朝倉あき、石橋静河、瀧内公美
監督:山戸結希/竹内里紗、安川有果

【第4弾】2月11日
キャスト:木下あかり、倉島颯良、堀春菜
監督:山戸結希/首藤凜、夏都愛未

【第5弾】2月12日
キャスト:モトーラ世理奈、山田杏奈
監督:山戸結希/枝優花、東佳苗

【第6弾】2月13日
キャスト:北浦愛、三浦透子
監督:山戸結希/井樫彩、山中瑶子

関連写真

  • 橋本愛 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『21世紀の女の子』完成披露試写会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『21世紀の女の子』完成披露試写会に出席した(左から)井樫彩監督、枝優花監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督、首藤凜監督、山戸結希監督、橋本愛、竹内里紗監督、東佳苗監督、ふくだももこ監督、安川有果監督、金子由里奈監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『21世紀の女の子』完成披露試写会に出席した竹内里紗監督、東佳苗監督、ふくだももこ監督、安川有果監督、金子由里奈監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『21世紀の女の子』完成披露試写会に出席した山戸結希監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『21世紀の女の子』完成披露試写会に出席した(左から)井樫彩監督、枝優花監督、加藤綾佳監督、坂本ユカリ監督、首藤凜監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索