アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 泉谷しげる、木村佳乃&多江に苦言?「ひどい女やでぇ」

泉谷しげる、木村佳乃&多江に苦言?「ひどい女やでぇ」

 女優の木村佳乃が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『後妻業』(毎週火曜 後9:00)第2話(29日)放送を前に、木村演じる“後妻業”をなりわいとする女・武内小夜子のターゲットとなる老人・中瀬耕造役の泉谷しげるからコメントが到着した。耕造の娘・朋美を演じる木村多江と佳乃の“W木村”に「もうね〜、とにかく木村佳乃・木村多江は裏ではひどい女やでぇ(笑)」と冗談めかしながらクレームをつけた。

 同ドラマは大阪を舞台に、資産家老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う小夜子、結婚相談所の社長であり、実は後妻業の黒幕・柏木亨(高橋克典)、父親が“後妻業”のターゲットとなり、小夜子の敵対関係となる朋美、朋美の大学時代の先輩で元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)ら、ひとクセもふたクセもある登場人物たちの思惑がうごめく痛快サスペンス&ラブストーリー。

 撮影エピソードを聞かれた泉谷は、入院中の耕造を心配して、見舞いに来た小夜子と朋美が言い争いをするシーンについて、泉谷は「(耕造が)臨終寸前なのに、二人がベッドで俺の奪い合い。まんざらでもないんだけど、役に入りきっているから俺にすごく肘打ちが入ってくる。何考えてんだよ二人とも…」と白熱のバトルに巻き込まれトホホ…。

 番組の見どころについては「このドラマ、もしかしたら、男が試されているのかも。悪ぶってるやつが結果いいことするんじゃないかと期待はあるけど、だまし通してほしい気もする。最後の最後までわからない。楽しみにしていてほしい!」とアピールしている。

 第2話では裕福な高齢者を惑わせ妻となり、夫の死後に多額の遺産を手にする“後妻業”で荒稼ぎする小夜子は、ある日、後妻に入った耕造が金庫に多額の財産を隠し持っていることに気づく。するとその矢先、小夜子の思惑どおり、耕造が病に倒れて入院。その隙に、小夜子はパートナーの柏木と結託し、金庫を開けることに成功する。すると、中から出てきたのは不動産の権利書や預金通帳など、総額4000万円のお宝。早速2人は、それらを解約して現金を手に入れようとするが、銀行側は本人の許諾がないと解約はできないと主張する。



オリコントピックス