ドラマ&映画 カテゴリ

高橋克典主演の痛快下剋上ミステリー第2弾、2・10放送

 俳優の高橋克典が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』が2月10日(後9:00〜11:05)に放送される。2017年10月に『日曜ワイド』枠で放送された『庶務行員 多加賀主水が許さない』に続く、シリーズ第2弾。元銀行マンという異色の経歴を持つ人気作家・江上剛氏の同名小説が原作となる。

【写真】その他の写真を見る


 高橋が演じるのは、銀行の“雑用係”=庶務行員・多加賀主水(たかが・もんど)。第1弾では、銀行の総務部長から極秘の依頼を受け、第七明和銀行高田通り支店に臨時採用された庶務行員として、普段はロビーで困っている客に対応したり、ATMの使い方を案内したりしながら、同支店で連日発生している“1円消失事件”の捜査に当たった。

 どこかミステリアスな雰囲気を持ちながらも、真面目で爽やか。すぐに街の人々から信頼を寄せられている人気者になる主水。類まれな問題解決能力と、どんな相手でもひるまず向かっていく正義感の持ち主でもあり、組織の悪事を見逃すことのできない性格のため、多種多様な職業を渡り歩いてきた過去を持っている。

 第2弾では、「父親を銀行に殺された」と訴える小学生と出会い、その一家の再生のために奔走することに。調査を進めるうち、神社につるされた5円玉に秘められた悲しい出来事、事件の背後に潜む巨悪を暴いていく。

 アクション、コメディー、時代劇など縦横無尽に活躍し、これまでさまざまなヒーローを体現してきた高橋は「引き続き、多加賀主水のキャラクター作りができるのはうれしかったですね」と第2弾に意欲を見せ、作品づくりにもより深く関わったことを告白。当初、脚本にはなかった“立ち回り”を追加することを自ら発案し、「日曜夜の放送ということもあり、エンターテインメント作品として、時代劇のような本格的な立ち回りも入れました」と語るとおり、流れるような殺陣シーンを熱演。たったひとりで数々の悪党を鮮やかに倒していく殺陣シーンは、第2弾の最大の見どころとなる。

 主水が出会う小学生・大樹を演じるのは、子役の寺田心。高橋と寺田の共演は2015年『ホテルコンシェルジュ』(TBS)以来、約4年ぶりで、高橋は「ものすごく芝居がうまくなっていてビックリしました。一辺倒だった“子役の演技”から、完全に抜け出た感じがしました」と、その成長ぶりを絶賛。さらに「心はまだ10歳だけど中身は大人なので、“ちょっとお話していいですか?”とか“隣りに座っていいですか?”とか言いながらコミュニケーションを取りに来るんですよ(笑)」と、すっかり魅了されていた。

 前作に引き続き、夏菜葛山信吾風見しんご庄野崎謙加藤雅也仁科亜季子が出演。ゲストとして、主水に事件のヒントを投げかける“謎の老人”役で笹野高史。事件のカギを握る大学生ボランティア・南条薫子役に小島藤子。同じボランティアグループのメンバーに片山友希岡田龍太郎などが出演する。

関連写真

  • 高橋克典が銀行の“雑用係”を演じながら巨悪を暴く痛快ミステリーの第2弾『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』テレビ朝日系で2月10日放送(C)テレビ朝日
  • 高橋克典のアイデアで、立ち回りシーンも(C)テレビ朝日
  • キーパーソンの小学生・大樹(左)を演じるのは人気子役の寺田心(C)テレビ朝日
  • 謎の老人(笹野高史)と=高橋克典が銀行の“雑用係”を演じながら巨悪を暴く痛快ミステリーの第2弾『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』テレビ朝日系で2月10日放送(C)テレビ朝日
  • 高橋克典が銀行の“雑用係”を演じながら巨悪を暴く痛快ミステリーの第2弾『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』テレビ朝日系で2月10日放送(C)テレビ朝日
  • 高橋克典が銀行の“雑用係”を演じながら巨悪を暴く痛快ミステリーの第2弾『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』テレビ朝日系で2月10日放送(C)テレビ朝日
  • 高橋克典が銀行の“雑用係”を演じながら巨悪を暴く痛快ミステリーの第2弾『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』テレビ朝日系で2月10日放送(C)テレビ朝日
  • 高橋克典が銀行の“雑用係”を演じながら巨悪を暴く痛快ミステリーの第2弾『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』テレビ朝日系で2月10日放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索