アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 木村多江、木村佳乃と“つかみ合い”バトルに全力「脱・薄幸感」

木村多江、木村佳乃と“つかみ合い”バトルに全力「脱・薄幸感」

 女優の木村佳乃木村多江が16日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『後妻業』(毎週火曜 後9:00 22日スタート ※初回15分拡大)制作発表会見に出席した。父の遺産を狙う主人公で“後妻業”の武内小夜子(木村佳乃)と彼女と対立する中瀬朋美(木村多江)をそれぞれ演じる2人。多江は「“脱薄幸感”というタイトルをつけていただきたいくらい。だいぶ激しいバトルや変顔、見たことがない木村多江を見ていただけるのでは」と、これまでのイメージを覆すキャラクターに自信をみせた。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは大阪を舞台に、男をたぶらかす天性の才能を持ち、資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う後妻業をなりわいとする小夜子と、結婚相談所の社長で、実は後妻業の黒幕・小夜子と手を組む柏木亨(高橋克典)、父親が後妻業のターゲットとなったことで小夜子のライバルとなる朋美、朋美の大学時代の先輩で元マル暴刑事の私立探偵・本多芳則(伊原剛志)ら4人が巻き起こす痛快サスペンス&大人のラブストーリー。

 劇中では“W木村”による激しいケンカやつかみ合い、さらにはビンタ合戦までみどころとなっており、芝居で大声でケンカをすること自体「初体験」だという、多江は「きのうもおとといもバトルのシーンがあって、翌日はたいてい廃人です。何も手につかないくらい疲れてしまう」と全力投球。ビンタシーンでは佳乃も「起きたら筋肉痛でした」と苦笑。「佳乃ちゃんがすごくパワフルで魅力的な小夜子なので頑張らなきゃ」と刺激を受けていた。

 一方で、キャストのなかでバディを組むなら…という質問に佳乃は「私、役柄とは離れるんですけど同じ木村の名字の多江さん。今回初めてご一緒させていただいて、作品のイメージだとおしとやかで可憐でおとなしい方だと思っていたら、男らしくて頼りがいがある。多江さんといれば大丈夫だな、すてきだなと思って…」と憧れの視線。そんな佳乃に高橋は「俺はやっぱり小夜子やな!」と指名し「ここ(小夜子と柏木)がいないとこのドラマははじまらない。いろいろおもしろく演っていきますわ」と劇中さながらの“ちょいワル”な関西弁を披露して盛り上げた。

 会見ではW木村、高橋、伊原、そして朋美の父で小夜子のターゲットとなる老人・耕造役の泉谷しげる、原作を手がけた黒川博行らが登壇。「ロケしていると必ず2度見される」というファー付きの赤いコートにヒョウ柄のスカート、サングラスといったド派手なコテコテファッションで登場した佳乃に並んだ泉谷は眉毛までに白髪になった老人メイクに「ひでえ現場でよ。眉毛も3時間もかかる。ふざけんなよ!」と文句タラタラ。終いには「お弁当のご飯が多すぎるんだよ。おかず増やせ馬鹿!」と全く関係ない苦情を入れて会場の笑いを誘っていた。



関連写真

  • “つかみ合い”バトルに全力で挑む(左から)木村多江、木村佳乃(C)ORICON NewS inc.
  • (左から)伊原剛志、木村多江、木村佳乃、高橋克典、泉谷しげる、黒川博行氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 老人・耕造役の泉谷しげる (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『後妻業』の制作発表会見に出席した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『後妻業』の制作発表会見に出席した木村多江 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『後妻業』の制作発表会見に出席した高橋克典 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『後妻業』の制作発表会見に出席した伊原剛志 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス