• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 須田亜香里、帰宅時間伝えたメンバーに“アイドルの品格”求める

須田亜香里、帰宅時間伝えたメンバーに“アイドルの品格”求める

 アイドルグループ・SKE48須田亜香里(27)が、13日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』にVTR出演し、NGT48山口真帆(23)が暴行被害を受けた件について、“アイドル”として思いを語った。

 今回の事件では、NGT48運営が「メンバーの1名が、男から道で声を掛けられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と説明していた。これについて須田は「メンバーがアイドルとしての品格をちゃんと保ってさえいれば、ファンの方との距離感で帰宅時間を教えることはあり得なかった」と、該当メンバーの行動に疑問を呈した。

 そのうえで「いつになるかわからないけど、関わったメンバーは自分の気持でアイドルを続けるのか、もしかしたら卒業の道を選ぶのかな、そこは自分の気持なのかな」と“アイドル”としての思いを語った。

 また、情報を明確にしない運営側に批判が集まっているが「私は運営だけが悪いとは現状は思いたくない。もちろん運営が悪いところもあったと思うし、一部のファンの方も絶対にあってはいけないことをしてしまったと思う」と心境を吐露した。

 騒動の発端は、山口が9日朝に投稿した「先月、公演が終わり帰宅時に男2人に襲われました。暴行罪で逮捕されましたがもう釈放されてしまいました」というツイート。これにファンから心配の投稿が相次いだが、NGT48側はコメントを発表せず、10日にNGT48劇場で行われたグループ3周年記念公演に山口が出演し、騒動となったことを謝罪。その後、運営側が公式サイトで一連の経緯と謝罪文を掲載した

オリコントピックス

 を検索