アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 仙道敦子、次の朝ドラ『なつぞら』出演 “おしん”姉妹の共演に期待

仙道敦子、次の朝ドラ『なつぞら』出演 “おしん”姉妹の共演に期待

 女優の仙道敦子が、NHKで4月1日から放送予定の連続テレビ小説・第100作『なつぞら』(作:大森寿美男)に出演することが7日、わかった。俳優の緒形直人との結婚を機に、女優業から離れていた仙道だが、昨年放送されたドラマ『この世界の片隅に』(TBS)で、23年ぶりに女優復帰。連続テレビ小説は『おしん』(1983年)以来の出演となる。

【写真】その他の写真を見る


 『なつぞら』は、戦争で両親を失ったヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)が、北海道・十勝に移り住み、そこでさまざまな出会いを重ね、成長して、高校卒業後に上京。草創期を迎えていたアニメーション業界でアニメーターとして才能を発揮していく物語。

 仙道は「私にとって『おしん』以来の出演となる“朝ドラ”、それも100作目という記念すべき作品に出演することができ、本当に光栄です」とコメント。父の代から帯広に店を構える「菓子屋 雪月」の店主・小畑雪之助(安田顕)の妻、小畑妙子を演じる。姑のとよ(高畑淳子)にもさらっと意見が言えるしっかり者で、息子の雪次郎(山田裕貴)は、なつの大親友だ。

 『おしん』では、おしんの姉・はるの少女時代を演じた仙道。『なつぞら』には、おしんの少女時代を演じた小林綾子も出演することが発表されている(なつの生涯に大きな影響を与える青年画家・山田天陽=吉沢亮の母親・山田タミ役)。“おしん”姉妹の再共演シーンがあれば、大きな話題となりそうだ。

 ほかに、平尾菜々花、富田望生犬飼貴丈の連続テレビ小説初出演が決定。

 平尾は、NHK土曜時代ドラマ『悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜』(2017年)で作品名の「悦ちゃん」こと柳悦子役を好演した子役で、なつを引き取った柴田家の次女、明美を演じる。物心がついたときから柴田家にいるなつを、本当の姉のように慕っている役どころ。

 富田は、映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(18年)で、渡辺直美が演じた・梅の女子高生時代を担当し、広瀬とも共演。『なつぞら』でも女子学生が少ない十勝農業高校において、なつの仲良しなクラスメイト、居村良子(いむら・よしこ)を演じる。

 犬飼は、『仮面ライダービルド』(17年9月〜18年8月)の主人公・桐生戦兎役を1年務めた後、10月期の連続ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ)に出演して話題に。『なつぞら』では、なつに絵を描くことを教えた天陽の兄、山田陽平を演じる。

 さらに、十勝農業高校の演劇部の顧問、倉田隆一役に柄本佑。十勝の深い森に住み、木彫りの熊など民芸品をつくり、暮らしている阿川弥市郎役に中原丈雄。弥市郎のひとり娘、阿川砂良役で北乃きいが出演する。



関連写真

  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する仙道敦子
  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する平尾菜々花
  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する富田望生
  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する犬飼貴丈
  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する柄本佑
  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する中原丈雄
  • NHKで4月1日スタート、連続テレビ小説『なつぞら』に出演する北乃きい

オリコントピックス