アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 菅田将暉主演『3年A組』初回視聴率10.2% 2ケタ発進

菅田将暉主演『3年A組』初回視聴率10.2% 2ケタ発進

 俳優・菅田将暉が主演する日本テレビ系連続ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(毎週日曜 後10:30※初回は30分拡大)第1話が6日放送され、初回視聴率が10.2%だったことがわかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは卒業まで残り10日となった高校を舞台にした学園ミステリー。菅田が演じる美術教師・柊一颯(菅田)らにある理由から“人質”にとられる生徒役にはヒロイン・茅野さくら役に永野芽郁をはじめ、片寄涼太、荻原利久、川栄李奈福原遥今田美桜、上白石萌歌ら注目株の若手俳優が多数出演している。

 第一話では魁皇高校の卒業式まで、残り10日に迫ったある日、担任の美術教師・柊は、教卓の前に立ち、いつもと変わらぬ表情で、29人の生徒を前に「今から皆さんには、人質になってもらいます」と言い放つ。ポカンとする生徒たちはやがて嘲笑し、一部の人間が呆れて帰ろうとすると、教室の扉には一颯によって特殊な鍵が取り付けられ、自由に開けられなくなっていた。そしてその時、廊下の外から突然爆発音が。一颯が仕掛けた爆弾が爆発したのだ。これにより完全に孤立した3年A組。柊は「これから、俺の最後の授業を始める」と告げ…。



オリコントピックス