アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 三宅裕司、スキー中に転倒し骨折 全治2・3ヶ月で療養

三宅裕司、スキー中に転倒し骨折 全治2・3ヶ月で療養

 タレント・俳優の三宅裕司(67)が3日、スキー滑走中に転倒し左大腿骨転子部を骨折するけがを負ったことが明らかになった。6日、自身が主宰する『劇団スーパー・エキセントリック・シアター』公式サイトで発表した。

 所属事務所によると三宅は、休暇で訪れていた長野・諏訪市でスキー中に転倒し骨折、翌4日に現地の病院で手術を受けた。医師からは2週間程度で退院する予定と診断されたという。

 レギュラーを務めるニッポン放送『三宅裕司 サンデーヒットパラダイス』(毎週日曜 前9:00)については、6日・13日放送分で小倉久寛がピンチヒッターを務める。ほかのレギュラー番組については各所と協議中。

 また、3月にビッグバンドと共演するライブは「まだ年始ということもあり関係各所への確認ができておらず、現時点では実施するかどうかは未定」とし、6月の『熱海五郎一座』(東京・新橋演舞場)公演は実施する予定とした。

 公式サイトでは、「けがの影響がない仕事については、医師の指示のもと、できる限り行って参ります。また、既に収録済みの番組に関しては予定通り放送致します」と報告。また、「応援してくださる皆様、関係者の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます。一日も早く元気な姿を皆様にお見せ出来るよう、努力致します」とつづっている。

 今後の活動の詳細は決まり次第、公式サイトなどで発表していく。



オリコントピックス