アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 福山雅治、TBS「日曜劇場」初主演で銀行員に 香川照之と『龍馬伝』以来9年ぶり共演

福山雅治、TBS「日曜劇場」初主演で銀行員に 香川照之と『龍馬伝』以来9年ぶり共演

 俳優でシンガー・ソングライターの福山雅治(49)が4月スタートのTBS系日曜劇場『集団左遷!!』(仮)(毎週日曜 後9:00)で主演を務めることが2日、わかった。平成最後の日曜劇場で同枠に初主演を飾る福山が演じるのは、銀行員(バンカー)。日曜劇場としては『半沢直樹』(13年)以来の銀行を舞台にした作品でもある。『半沢〜』での怪演が印象深い俳優・香川照之(53)も出演が決定し、福山とNHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)以来9年ぶりに共演する。

【写真】その他の写真を見る


 原作は江波戸哲夫(えばと・てつお)氏の小説『新装版 銀行支店長』と『集団左遷』(ともに講談社、1月16日発売)。脚本は「ROOKIES」シリーズなどのいずみ吉紘氏が担当する。

 福山演じる主人公の銀行員・片岡洋(かたおか・ひろし)は、理不尽なことも会社のために飲み込んで我慢する“ザ・サラリーマン”。一方で部下や仲間の頑張りにほだされる熱い男でもある。そんな片岡は50歳を目前に、廃店が決定している「蒲田支店」に支店長として赴任する昇任人事を受ける。無事に廃店させた暁には本部に戻し優遇すると言われたが、人生で初めて「頑張らなくていい」と言われた片岡は自身の立場や部下たちの頑張りを目にし葛藤。普通のサラリーマン・片岡と窮地に立たされた仲間たちが巨大組織の理不尽に立ち向かう“最大の下剋上”を描く。

 福山とタッグを組む香川が演じるのは、片岡の異動先である蒲田支店の副支店長・真山徹(まやま・とおる)。どこか掴みどころがなく常に笑顔で、全てを見透かしているように「ああ言えばこう言う」で片岡に対し上手で返してくる。9年ぶりとなる福山・香川のやり取りも見どころになりそうだ。

■福山雅治コメント

片岡は諦めきれない男。そして“上手くやれない男”だと解釈しています。
会社のため、仲間のため、取り引き先のため、家族のため、そして自分のプライドのために頑張るのですが、その頑張りが必ずしも最適解ではない。でも、台本を読ませていただき、片岡の“上手くない頑張り方”に不思議な愛おしさを感じました。

誰の人生においても正解はわからないし、ひとつではない。それでも、やるしかない。上手くはない、でも諦めない。時に強気に時に弱気に、いい歳して揺れる男、片岡の強さと脆さを表現出来ればと。21年振りの緑山スタジオ、9年振りの香川さん、とても楽しみです。

■香川照之コメント

日曜劇場の“重厚なドラマ性”の中に、福山雅治さんがどう化学融合して、ドラマの見どころでもある“コミカルさとユーモア”を醸し出していくのか、そして、半沢直樹以来の銀行ものへの取り組み、さらに私自身も、約9年ぶりの福山さんとのがっぷり四つの果たし合いに、今から実に楽しみが尽きない連ドラ…テンションはマックスにすでに上がっているのである。



関連写真

  • TBS系日曜劇場『集団左遷!!』(仮)に主演する福山雅治 (C)TBS
  • TBS系日曜劇場『集団左遷!!』(仮)で福山雅治と共演する香川照之 (C)正田真弘
  • 原作『新装版 銀行支店長』書影 (C)江波戸哲夫 講談社
  • 原作『集団左遷』書影 (C)江波戸哲夫 講談社

オリコントピックス