ドラマ&映画 カテゴリ

中島裕翔『SUITS』クランクアップ “相棒”織田裕二は「戦友のよう」

 人気グループ・Hey! Say! JUMP中島裕翔が、17日に最終回を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ』をクランクアップした。主演の織田裕二演じる“勝つためには手段を選ばないエリート弁護士”甲斐正午とバディを組む“その日暮らしの天才フリーター”鈴木大輔を演じた中島は「織田さんの妥協しない精神を、現場で目の当たりにして勉強になりました。織田さんは、これまで自分が見ないようにしていたことに気付かせてくださった方で、少し生意気かもしれませんが、共に戦ってきた戦友のように感じています」と讃えた。

 同ドラマは全米大ヒット『SUITS』の日本版で、甲斐と大輔という相いれることのない凸凹な二人がバディとして数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく、痛快エンターテインメント。撮影を終え改めて中島は「終わった気がしないですね、明日もまたこのチームや織田さんと会ってお芝居するんじゃないのかなというくらい、『SUITS/スーツ』の撮影が日常の一部になっています」と寂しさをにじませ、「終わったんだと思うとさみしい気持ちもありますし、よくやり抜いたなと自分をほめたい気持ちもあって複雑ですね」と率直な心境を告白した。

 初共演となった織田とは「撮影をしていない控え室などで、織田さんが突然、セリフを言ってきて、よく即興劇をしかけられました(笑)」と裏側を紹介。「アドリブなので、大輔っぽいセリフが出てくる時もあれば、そうでない時もあって、せりふが出てこない時は『まだまだだな』と思ったり、楽しみながらやらせて頂きました」と充実した日々を振り返った。

 「最終話の撮影を終えて、自分の中でもこの先を見てみたいですし、甲斐先生とのバディ感をもっと出していきたいと思っています」と続編にもやる気をみせる中島。「連続ドラマはどうしても台本と時間に縛られてしまうので、良い原作だけに打ち合わせやリハーサルといった準備に時間をかけて、もっと練り上げていきたいですね」と展望していた。なお、最終回は15分拡大で放送される。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索